自分にできること、できないこと

トレードを長く続く続けていると、自分の得意な場面と、
苦手な場面が分かってくるようになります。

ありがたいことにトレードというのは自分の得意な場面でだけトレードすれば良いのです。
受験のように苦手科目を克服しないといけないとか、
ボクサーのように苦手な人とも対戦しないといけないといったことはありません。
自分の勝てそうな場面でだけ参戦すれば良いのです。
よく分からない相場だったり、難しい相場は無視してればいいんです。

こんな都合のいいことって世の中にありませんよね(笑)
でもトレードとはそれが許される世界なのです。
ただここで大事なのは、自分には何ができて、何ができないのかを明確に知っておくことだと思います。

僕自身の場合では指標時のトレードは苦手なので全て避けるようにしてます。
またボラのない相場も苦手なのでスルーしてます。
逆にぐんぐんと値が進んでいくような相場だけを狙ってトレードすることが多いです。
他の分野から見ると、卑怯なやり方かと思われてしまいますが、
トレードではこういう卑怯なことが実はすごく大事なような気がします。

もちろん自分に何ができて何ができないのか、
何が得意で何が苦手なのかは実際にトレードしてみないと分からないことも多く、
それを明確に線引きするには色々な研究も必要になってくると思いますが、
トレード手法がどうとか、やり方がどうとかよりも、
まずはその部分がかなり成績に大きく影響してくるように思います。

逆に自分にできること、できないことがはっきりと分かってないと、
無駄な損失を増やすことにもなり、中々収支をプラスに持っていくことが難しくなるのではないかと思います。
いかにその線引きをして、参戦するところはしっかり参戦し、
スルーするところは思い切ってスルーをするという、取捨選択がすごく大事なように思います。

僕自身もそのことに関しては相当悩んだ時期があります。
自分にできることとできないことは何なのか?
その明確な線引きを見つけるだけでも相当な時間はかかると思います。

自分は何通貨まで監視できるのか、スキャルのような早いトレードはできるのか、
得意なのか不得意なのか、スイングのスタイルはどうなのか、
また順張りがいいのか逆張りがいいのか、どのやり方が自分の性格や生活スタイルに合ってるとか、
あらゆる要素を含め、自分自身を検証研究していかないといけません。

チャートの研究検証ももちろん大事ですが、トレードで勝つにはそれだけではなく、
自分自身のことも研究していかないと、中々上手くいきません。
トレードというのは本当に自分と向き合うことが多いと思います。
トレードの勉強をしてると、今まで見えてなかった自分に気付くことさえあります。

自分ってこんな人間だったんだ!
自分でこういうことは苦手なんだ!
ってトレードの勉強中に発見することは非常に多いですね。

色んな手法をやっても中々上手くいってない方は、
一度自分自身の研究をしてみると、また新たな発見に繋がるかもしれません。

実は自分自身の負の部分、弱い部分と向き合えるようになると、楽に生きていけるようになります。
過労死してしまうくらいまで無理して働く人というのは、
自分は他人に比べて劣っていないんだ、
他人ができているんだから、自分にもできなきゃいけないんだと、
自分の欠点や弱さを認められない、あるいは気づけないから、
無理して働いてしまいます。

いかに自分の弱さや欠点を知し、
そして上手くそれと付き合っていくかを探った方が、
人生楽しくなることが多いです。

自分にも当然弱さや欠点はあります。
それを認めることができなかった時は、常に何かと戦っていて息苦しい生活をしていた時期もありました。
しかし、それを認め、自分の得意なこと、好きなことに目を向けるようにしたことで、
人生楽しくなりました。
それを教えてくれたのが、自分はFXでした。

自分は体験しないと気づくことができませんでしたが、
下の本からでも探ることはできるのではないかと思います。

人生、なんとなく楽しくないな、
何やっても上手くいかないな、
という方は、一度読んでみることをお勧めします。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク