ずっと使えるチャート設定

かなり前の話ですが、MF Global FXA証券株式会社という会社が、廃業したことがありました。
まあ証券会社の廃業はよくあることで、あまり驚くことではないのですが、
やはり廃業するということはその会社が提供してたチャートも使えなくなるということでもあります。
当たり前のことを言ってるかもしれませんが、そこのチャートを使ってトレードしてた方は、どこか別の会社のチャートを使わないといけなくなります。
そこの会社が提供していた会社は。実は当時多くのトレーダーが使っていたチャートソフトも提供していたので、
そのチャートを使ってトレードをしていた人も多かったかと思います。
ですので、廃業によって急にチャートが使えなくなってしまったのです。

そして問題なのが、例えばその会社のチャートでしか表示できないようなチャート設定やシステムトレード、
自動売買を使ってたら、廃業した途端にトレードできなくなってしまうということです。
他のチャートで代用可能な設定なのでしたら大丈夫なのですが、
ある特定の会社のチャートでないとトレードできないような手法ややり方をしてると、
その会社が廃業してしまったり、またチャートそのものの提供を辞めてしまったり、あるいは大幅な変更をしてしまった時は大変危険です。

日頃から言ってるかもしれませんが、僕はトレードする時はできるだけどこの会社のチャートでも表示できるようなチャート設定でトレードすることをお勧めしてます。
どこの会社のチャートでも表示できる設定ですと、今回のように廃業してチャートが使えなくなった時も困ることはありません。
どこのチャートを使ってもトレードできるやり方を僕は常にお勧めしています。

自動売買やシステムトレードでも勝てる人は勝ってると思うのですが、
やはりこういったことが起きたら、元も子もないので、僕自身はあまり好きではないのです。

僕自身のチャート設定は主にローソク足のチャートにサポートライン、レジスタンスライン、
あとは移動平均線のみといったチャート設定になってます。
補助でボリンジャーバンドも使ってますが、今はボリンジャーバンド無しでもトレードしていけます。

ですので、どこの会社のチャートでもほぼ表示できるようになってます。
スマートフォンでもトレード可能です。
ですので、今使ってる会社のチャートが使えなくなっても困りませんし、
廃業等によって手法を変更しなくてはいけないという心配もありません。

もしある特定の会社のチャートでしかトレードできないやり方や手法を使ってトレードしてたら、
その会社が廃業してそのチャートが使えなくなってしまったら、
せっかく一生懸命研究して勉強してきた手法ややり方でも、使えなくなってしまい、
また新たに手法ややり方を見つけてきて、研究勉強しないといけなくなってしまいます。

そういったこともあり、僕自身は大抵の会社のチャートで表示できる手法で普段トレードしてるのです。

裏技的な手法や、最新の機器を使ったやり方等は一見目新しく勝てそうな気がしますが、
将来的に長く勝ち「続けて」いける手法というのは、
やはり古くから受け継がれてきた、平行ラインだったり、
単純移動平均線だったりを使った手法なのかもしれませんね。

下のサイトは良質な本が揃ってます。
少々お高いですが、自分はやっぱりこれらの本を読んだことによって
今の自分があると思っています。


スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク