トレードは難しい?

トレードは難しいという人も居れば、
トレードを簡単に考えることもできるという人も居ます。

なぜ同じトレードのはずなのに、
難しいと思う人も居れば、簡単だと思う人も居るのでしょうか。

頭の良さの違いでしょうか?
それとも経験の違いでしょうか?

そもそもトレードはその人によって
難しくもなるし、簡単に考えることもできます。

そして難しく考えてしまうと、
あまり良い成績には繋がりません。

僕自身も昔はトレードをあれこれ難しく考えてしまい、
そして迷宮入りしてしまったことが何度もあります。
そして何度もシンプルにシンプルにと思っても、
結局はまたすぐに迷宮入りし、
難しく考えてしまう結果に戻ってしまうことが
何度も何度もありました。

しかし、いくら難しく考えても、
そこには答え(勝てる秘訣)は無いですし、
利益に結び付けられることはありません。

難しく考えてしまう原因の一つは
「完璧なトレード」をしようと
思ってしまうことです。

1pipsでも多く取ってやろう、
全勝してやろう、
天底取ってやろう、
と思えば思う程、完璧な手法を求めるようになり、
そして難しく考えていってしまい、
そして1pipsどころかマイナスになってしまう
結果となることが多いです。

難しく考えてしまう対策の一つとして、
「妥協」をお勧めします。

普段の会社や学校では、
この「妥協」は悪い意味で使うことが多いですが、
トレードではかなり役立ちます。

まあこれくらい取れたならいいや、
勝率は50%超えているからいいや、
くらいの気持ちでトレードをしている方が、
あれこれ手法探しをしなくても済みますし、
難しく考えることもありません。
そしてそうやって考えてトレードした方が、
案外成績は良くなるものです。

エクセルできっちり収支を記載して
研究することももちろん大事です。

しかしそれは、手法を作る時や
過去検証をする時であって、
トレード中はあまり意識をしない方が得策です。

トレードにおいて一番神経を使う時、
緊張をする時
集中する時というのは、
準備している時です。

過去検証をし、手法やルールを構築している時です。

実際にエントリーして決済する時は、
自分で決めたことを守るだけ以外は
何も考える必要はありません。

もっと上がるはずだとか、
ここで反発するだろうとか、
この手法はこの相場でも通用するのだろうか等、
あれこれ考える必要はありません。

とにかく自分で決めたサインが出たらエントリーし、
自分で決めたサインが出たら決済、損切りするのみです。

ですので、何も難しく考える必要は無いのです。

手法を作る時も、まずはプラス収支になる手法が作れたら
それで良しとします。

少しでも多く取れるような手法を作ってやる、
手に入れてやると思うと、
迷宮入りしてしまいます。

とにかくプラス収支なら、複利を使えば
数年後には大きな資産となるのです。

どれだけたくさんの利益を取るかよりも、
毎月少しずつでもいいからプラスにすることの方が
大事ですし、その方が複利的にも効果があります。
※複利の考え方は別の所でお話させて頂いたことがあると思います。

ですので、まずはあれこれ難しく考えないで、
プラス収支になったらそれでいいやくらいの気持ちで
トレードすることをお勧めします。

その方がストレスも溜まりにくいですし、
トレードを気軽にできるというメリットもあります。
※トレードを遊びでやるという意味ではありません。

もしトレードが難しくて、結局何が正しいのか分からない、
どうしたらいいのか分からない、正解って何?
って悩んでしまっている方がいらっしゃったら、
ぜひ、まずはプラス収支の手法を既にお持ちなら、
それを取り組んでいき、
実際にほんの少しでもいいのでプラスになったのなら、
まずは良しとしようと思うことをお勧めします。

下の本は、トレーダーにインタビューした内容がまとめられたものです。
彼らは当然使っているロジック等は千差万別なんですが、
やっぱり共通しているのがトレードに対する情熱、
そして何と言ってもトレードそのものが好きなんだろうなということです。
ですので、いかに多く利益を得るかも大事ですが、
まずはトレードに没頭する、楽しむということを優先する方向で考えると、
逆に利益が向上することが多いのではないかと思います。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク