トレードは自分との戦い

トレードの勉強をしていると、最後は
自分自身との戦いであることに気づくのではないかと思います。

トレードの勉強というと、用語を覚えたり、
インディケータの特徴を研究したり、
過去のチャートを見たりと、
一見パソコンや数字等と向き合って勉強するような印象ですが、
トレードというのものを突き詰めていくと、
最終的には自分自身と向き合い、
自分自身との戦いになっていくことが多いです。

どんなトレード手法を扱っていたとしても、
結局そのルールを守れるかどうかは自分の気持ち次第ですし、
また扱えるトレード手法も、
自分の性格に合ったものでないと
結局は扱うことができなくなってしまいます。

そしてトレードが上達すると同時に、
人間性、器等も向上していくことが多いです。

器が大きくなったり、お金に対して
良い意味でケチになったりできるようになります。

トレードとは常に欲と恐怖との戦いです。
人間である以上、自動売買を取り入れていたとしても、
感情というのは入ってしまいます。

その欲と恐怖という感情を、
いかにコントロールするか、
いかに最小限に抑えられるような手法を取り入れるか、
等を自分自身の性格や考え方、生活スタイルと向き合いながら
オリジナルのトレードスタイルを確立していくことが、
トレードの向上に繋がることに気づくようになります。

トレードに正解はありません。
自分自身が扱いこなせるトレードスタイルを見つけることが
トレードで勝てるようになる、
一つにポイントになるのではないかと思います。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク