相場に潜む魔物

こんにちは、なつきです。

相場を長く張っていると、相場には魔物が居るのではないかと思うことがしばしばあります。

これはオリンピックでも魔物が潜んでいるとよく言われています。

スポーツの試合というのは
何が起きるか分からないと言われていますが、
特にオリンピックというとても大きな試合では
なおさらだと思います。

優勝候補だと言われている人でも、
惨敗という結果になることもありますし、
逆に無名に近い選手がメダルを取ったりということも
よくあることです。

実際にそれを経験した黒岩さんの言葉ですが、

「五輪には魔物が居るという。
しかし魔物を作っているのは自分なのだ。
作らないでもいい魔物を心の中に作ってしまっている。」

と言っています。

恐らくあの大きなオリンピック会場では
とても重いプレッシャーだったり、不安感だったりが、
いつもできていることができなくなってしまうということに
繋がってしまうことが多くあるのではないかと思います。

しかし、それは誰かに邪魔をされたとか、
妨害されたというわけでは決してなく、
自分自身がそういった不安や重圧を心の中に作り出し、
そして自ら力を発揮できないようにしてしまっている
ということを黒岩さんは言っているのだと思います。

またトレードと繋げてしまいますが、
トレードでも過去検証でデモトレードではできていたことも、
いざリアルトレードになると
できなくなってしまうということは多くあると思います。
つい目の前に自分のお金が増減していると、
デモトレードではできていたことも、欲や恐怖から冷静さを失い、
自分でも気づかないうちにいつもとは違った行動を
してしまうことは多いにあります。

そしてそれはお金を失った後、
振り返る時までは気づかないことがほとんどです。
後になって初めて気づくのです。

そしてさらに、単純でシンプルな手法が目の前にあったとしても、
つい人間というのはそれを複雑にしたがる傾向があります。
移動平均線だけの手法だったとしても、
さらに良い成績にしたいという欲求と
損失を出したくないという恐怖心から
他のインディケータを付け足したり、
ルールを複雑にしたりしてしまいがちになります。

そしてさらには裁量と称して自分の思い込みで、
エントリーサインが出ていてもエントリーをしなかったり、
決済を早めにしてしまったりと、
本来は単純な行動をそのまま素直にしていれば利益が出せていて、
さらに過去検証やデモトレードでそれが実証できていたとしても、
「リアルトレードだから」という一言で、
いつも(練習の時)とは違う行動をしてしまうことが多いです。

長年トレードをしていると、よく感じることなのですが、
相場の世界でも魔物が潜んでるのではないかと思うことが
多々あります。

そしてそれは素人だろうとベテランだろうと
魔物は容赦なく襲いかかってきます。

いくら長年トレードをしてきたベテランのトレーダーでも、
ちょっとした油断で人生を狂わせる程、
魔物に襲われてしまうことはよく聞くことです。

何十億円も動かしているプロのトレーダーでも
損失を取り返す為に、
法を犯したりしてしまうトレーダーも居るようです。

特にこの魔物は感情的になっている時ほど襲われやすくなります。
そして長年トレードをしていると、
欲求や不安というものが必ず訪れてきます。

急に欲が出たり、不安になったりするのです。
これは僕だけではなく、
多くのトレーダーでも同様に感じてることのようです。

普段は普通にトレードをしていても、
ある時急にそういった感情が湧き出てくるのです。

そしてそういった時というのは
いつも守っているルールというのを破ってしまいやすくなります。

いつも使ってルールが疑わしくなってきたりするのです。
これは利益が出せていたとしても関係なくあります。

そうした時に、ルールを破ってしまうと、
もうそこからは崩壊の早さは尋常ではありません。

そして全てを失ってから初めて、
自分は魔物に襲われてしたことに気づきます。

崩壊している最中というのは自分は冷静だと思ってるのです。
自分は大丈夫だ、自分に限ってそんなことはないと思い込み、
そして感情のまま突き進んでいってしまいます。

その時というのはもう周りが何を言っても耳に入らないですし、
抑制が効かなくなってしまっています。

ルールを守ることの大切さを普段は分かっていても、
魔物に襲われている時というのは、
その自分で決めたルール自体が疑わしくなるので、
ルールを簡単に破ってしまうようになります。
さらに自分自身間違ったことをしているという認識も
できない状態になってしまっているので、
さらにそれが感情の思うまま、
もう魔物の操り人形状態となり、
そして骨の髄まで吸いつくされてしまうのです。

魔物というのは常に潜んでいると思いますし、
実際に襲われることもよくあります。

しかし、長年相場と向き合ってると、
この魔物が近づいてきたと分かるようになるので、
その時はすぐに相場から離れるということができるようになります。
離れることができるようになるというか、
離れるようにしています。

個人トレーダーは特に相場から離れるということができるので、
そこが大きなメリットだと思います。

しかしプロのトレーダーは、
いきなりトレードを辞めて家に帰るわけにはいきませんし、
ポジションを持つように強制されてしまいます。
またオリンピックの選手もその場から逃げ出すわけにはいきません。

その点で言えば個人のトレーダーというのは恵まれていると思いますし、
さらには損失を出しても全て自分の資金なので、
最低でも人に迷惑をかけたり、
あるいは他人からのプレッシャーというのは無いのでましだと思います。

しかしながら魔物は常に潜んでいますし、
いつどんな形で襲われるか分からないということは
常に肝に銘じてトレードをする必要があるのではないかと、
常日頃思っております。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク