勝てる手法を探し回っても意味が無い!?

こんにちは、なつきです。

今回はトレード手法についてお話させて頂きます。
多くの人が勝てるトレード手法さえあれば、
勝てるようになれると思っています。
そして勝てるトレード手法、ロジックを
ネット上で探し回っている人が
とても多いのではないかと思います。

しかし、勝てる手法というのは、
そもそも期間限定ですし、
使用期限があります。

相場が変われば当然通用しなくなりますし、
時期によっては全く使えなくなってしまうことも
多々あります。

しかし、多くの人は
一度勝てる手法さえ手に入れることさえできれば、
永久に稼ぎ続けられると思ってしまっています。

実はそこが大きな罠で、
そこから抜け出せない限り、
恐らく実際に利益を出し続けられるようになるのは
難しいのではないかと思います。

そもそも一つのロジックで
今後も永久的に稼ぎ続けられる手法が
存在するはずありません。

あるいはどんな相場でも利益を出し続けられる手法なんて
存在しません。

相場は常に変化しています。
そしてその相場を動かしているのは
あなたも含めた人間なのです。

トレードに参加する人というのは、
日々変化していますし、
資金量も常に変化しています。

ですので、過去の相場と全く同じ相場が来ることは
ありえません。

そんな状況下で、一つのロジックで
永久に稼ぎ続けようとすること自体が、
ナンセンスなのです。

では、どのようにしたら勝てるようになるのか?

それは、「自分で相場を見る力」が必要になってきます。

今はどのような相場なのか。
どの手法を使ったら有効なのか。
そもそも今はFXをやるべき時なのか。

これらを自分の目で見て判断できるようにならないと、
いつまでたっても勝てるようにはなりません。

どれだけ過去に素晴らしい成績を出せた手法でも、
使えなくなってしまえば、
負け続けるだけのトレードをしなくてはいけなくなってしまいます。

今の相場でも、この手法を使っていいのか、
使えないのなら、どの手法にするべきなのか、
これらを自分で判断できるようになる必要があります。

ですので、そもそも勝てる手法を探すということ自体が、
間違った行動となってしまうのです。

勝てる手法を探している間にも、
相場は刻々と変化していっています。

勝てる手法がどこにあるのかに目を向けるのではなく、
今の相場がどのような相場なのかに
目を向ける必要があります。

では、どのようにしたら、
今の相場を判断し、
そしてどの手法が有効なのかを
判断できるようになるのか。

それはとても簡単なことです。

今持っている手法の直近の「過去検証」をすることです。
これは実際にやった人じゃないと分かりません。

「過去検証」の大切さを頭では分かっていても、
実際に自分の手を動かして「過去検証」をやっていない人は、
私の言っていることは分からないと思います。

過去検証を数年分すると、
今使っている手法が有効なのかどうか、
そして、今の相場にはもっとこういうルールにした方が
有効とか、こういう手法に変えてしまった方が
有効であるとかが分かってくるようになります。

そして既存の手法でもいいですし、
新たに作成した手法でもいいですが、
一旦仮説を立て、仮にルールを作り、
そしてまた「過去検証」をします。

これを繰り返すことで、
今の相場に有効な手法を
自分で作り出すことができます。

これは身体で感じることなのです。
「過去検証」をやっていれば、
今使っている手法が有効なのか
あるいはそうでないのかが、
身体で分かってくるようになります。

この感覚は実際に「過去検証」を
やっている人でないと分からないと思います。

ですので、勝てる手法を探すことに力を入れるのではなく、
とにかく今持っている手法でも何でもいいですので、
とにかく「過去検証」をしまくることです。

それをすることによって、
傾向性や今の相場の特徴に気づき、
そして自分で手法を作る際の材料を見つけることができます。

自分で手法を作れるようになれば、
もうネット上で手法を探す必要はありません。

常にその時に有効な手法を
自分で作り出すことができるようになります。

ただ、いくら手法を作れるようになっても、
勝てない場合もあります。

どれだけ素晴らしい手法を見つけたり、
自分で作り出せたとしても、
当然ですが、使いこなせなと
利益を出すことができません。

当たり前のようなことを言っているかもしれませんが、
案外それに気づいていない方が多いのではないかと思います。

それぞれ、生活パターンや性格、
得意なこと、不得意なこと、
環境等が様々です。

一日中パソコンに向かってトレードできる人も居れば、
夜の数時間しかトレードできない人も居ます。

またネット環境の悪い所にお住まいの方もいれば、
そうでない人もいます。

夜寝ている時にポジションを持つのが
どうしても耐えられない人もいれば、
素早く反応して一日に何回もトレードすることが苦手な人も居ます。

人それぞれ様々な環境でトレードをしています。
ですので当然、同じ手法でも、
使いこなせる人もいれば、
使いこなせない人も出てきます。

ですので、いくら勝てる手法を見つけたり、
自分で作り出せたとしても、
自分の生活や環境に合っているかどうかも
含めて検討する必要があります。

自分の性格に合わない手法をいくら使おうとしても、
例え利益率が良いからといっても、
中々利益に結びつけることは難しいです。

ですので、まとめると、
勝てる手法というのは、
そもそもネット上にあるわけではなく、
自分の性格や環境下に合った手法で、
さらに今の相場に合っている手法を
自分で作り出す必要があるということです。

では、具体的な作り方に関してですが、
まず手法はシンプルにすることです。
複雑な手法の方が綿密に計算され、
あたかも利益が出せそうな気持ちになりますが、
ルールが難しいと、ミスも多くなり、
また検証も大変です。
そして相場が少しでも変化してしまったら、
すぐに使えなくなってしまう確率が高くなります。

またマイナーなインディケータや、
あまり使われていないようなパラメータを使っても、
すぐに使えなくなってしまう確率が高くなります。

極力多くの人が使っているインディケータで、
多くの人が使っているパラメータをお勧めします。

その方が、ちょっとやそっとの相場の変化で
使えなくなってしまったり、
通用しなくなる確率が低いからです。

手法は短期間しか使えないものを使うのではなく、
できるだけ長期的なものを使える手法を
使った方が、検証も活きてきますし、
多くの労力を使わなくても済むようになります。

時間足は大きく分けると、
スキャルピング、デイトレ、スイングトレードと分けられるかと思います。
ただ、FXを始めた多くの方がスキャルピングの方が稼げる、
資金効率が良いという理由だけでスキャルピングを選択されている方も
多いようです。
しかし、人には合う合わないというのが当然出てきます。
スキャルピングがいくら資金効率が良いからと言って、
稼げるとは限りません。
稼げたとしても、トレードスタイルが自分に合っていなければ、
ストレスを大きく抱えてしまうことになります。
ストレスを大きく抱えた状態では、FXを長く続けることができません。

それは逆にスイングトレードでも同様です。
長期でポジションを持つことや、
オーバーナイトでポジションを持つことにストレスを抱えてしまうのでしたら、
スイングトレードも長く続けることができません。

ですので、まずは手法を作る前にどの時間足でのトレードが自分に
合っているかを精査する必要があります。

よくデイトレは1日中チャートを見ていないとできないとか、
スキャルピングは数分のみチャートを見ていればトレードできる、
スイングトレードはエントリーチャンスが少ない、
等のように思っている方が多いかと思います。

確かに手法によってはその通りかもしれません。
しかし、全ての手法がそうであるとは限りません。

スキャルピングでも、丸一日中チャートを見ていてもチャンスが来ない時もありますし、
チャンスが来たとしても、決済チャンスが来るまで数時間待たされることもあります。

またデイトレにしても、指値注文を使えば、エントリーさえしてしまえば、
あとはOCO注文を使う等の手法にすれば、
丸一日チャートを見る必要は無くなります。

またスイングトレードにしても、監視する通貨ペア数を増やせば、エントリーチャンスもその分増えることになります。

ですので、スキャルピングはこうだとか、
スイングトレードはこうだという発想でトレードタームを決めてしまうと、
非常に勿体ないです。

ぜひ、深く精査してみて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク