トレードに必要なのは?

こんにちは、なつきです。

ところで前々から私の友人でFXを始めたいという人が居たので、
空いている時に教えていたのですが、
先日会った時はとてもびっくりしたことがありました。

その人に状況等を聞いてみたら、ノートパソコンを開いて
エクセル表を見せてくれました。

最初はこれが何なのか分かりませんでしたが、
聞いてみると、1トレードずつ
全てエクセルでまとめたものになっていました。

どこでエントリーして、どこで決済したか、
勝率、利益率、その時のスプレッド、
持った枚数等
びっしりと書いてありました。

そしてチャートにも、エントリーした箇所と決済した箇所に
矢印が示されており、過去にトレードした場所を
すぐに見れるようにしているとのことです。
手法も当然明確でした。

そしてその友人は自分で、決済のタイミングがまだ掴めていないので
その部分を今後はもっと研究して煮詰めていきたいと話してくれました。

正直びっくりしてしまいました。

ここまでエクセルでびっしりと自分のトレード履歴を記録し、
そして自己分析ができている人というのは
初心者さんでは中々居ないからです。

そしてさらにその友人は、スキャルをしているのですが、
夜に持ち越しをするようなスタイルのスイングトレードは
自分の性格には合っていないということも
しっかりと自己分析できていました。
なので、自分はスキャルをしているんだと、理論的に答えてくれました。

そしてその友人はまだFXを始めて2ケ月程なのですが、
しっかりと利益も出せていました。

FXを始めて2ケ月でそこまで自己分析ができ、
そしてしっかりとエクセルでデータをまとめ
それに従って研究できているのはとてもすごいことだと思いました。

私自身はFXを始めたばかりの頃は勝てる手法探しどころか、
適当にその場の感情だけでトレードしてたものです(汗)

そして色々と負けてきた挙句に、自己分析の大切さや
過去のデータによる手法の構築の大切等を学び、
今の自分があるわけですが、
FXを始めて2ケ月でその領域まで来てるのは
感心してしまいました。

その友人に教える時に一番最初に言った言葉があります。

「トレードに正解というのは無いけど、
感情だけのトレードでは絶対に勝てるようになれない。
そして明確な手法を必ず持つ必要がある。
その手法というのは過去のデータから導き出す他無いし、
その手法が永久に通用する保証も無いので、
常にチャート研究は必要だ。
FXは決して楽して稼げるものではないけど、
日々の研究がしっかりできるなら稼げれるようになるかもしれない。」
というようなことを最初に言った覚えがあります。

その時はどうせこんなこと言っても理解はされないだろう、
多くの人と同じように手法探しに明け暮れて、
自己分析や過去のデータからの研究なんて面倒くさがって
しないだろうと思っていたのですが、
見事に素直に私の言ったことに取り組んでくれたわけです。

ただ、資金管理においてはかなりめちゃくちゃで、
海外の口座を開設したみたいで、
そこがなんとレバレッジ1000倍まで対応しているらしく、
30万円の資金で210万通貨持つこともあると言っていたので、
さすがにそれはすぐに辞めるように言いましたが、
資金管理以外の面では、かなりしっかりとした考えの元で
トレードしているんだということが分かりました。

何が言いたいかと言いますと、
今まで多くの方を見てきて、
やはりスムーズに利益を出していけるようになる人というのは
素直な人が多いのではないかと思います。

逆に中々上手くいかない方というのは、
過去の自分がやってきたことの癖が直せなかったり、
自分なりの考えが固執してそこから離れることができなかったり、
自分でも知らず知らずのうちに遠回りをしてしまっている人が
多いのではないかと思います。

実は別の知人からも先日メールを頂きましたが、
僕の手法で、10月から始めて、
+228pips程取れたと言ってくれました。

その知人もとても素直に手法に従ってトレードしたので、
このように結果が出たのではないかと思います。

トレードで勝てるようになるのは、センスや相場観等が必要だと
思われがちですが、何度も言ってきたかもしれませんが、
素直に過去検証をしっかりと取り組み、
そしてそのデータを元に、自分に合った手法を構築し、
そしてその手法に忠実にトレードしていくことが、
最も最短に利益の出せる方法なのではないかと思います。

11月になり新しい月になりましたが、その分相場というのも
また変わっています。
常に変化している相場に対して、こちらも常に新たな気ちで
相場と向き合っていきたいものです。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク