古いものほど、強力??

こんにちは、なつきです。

最近は、CDとかDVDとかそういったものが少なくなり、全て電子化の傾向にありますね。
何か文章として残しておくものも、パソコン上でメモ帳とかに書いて保存しておいたり、
PDF化したり、あるいはエクセルやワードなどで整理して保存しておくことが多いですね。

本なんかも電子書籍化してきて、どんどん実際に手に取って見るものがなくなり、
電子化して保存したりするようになってきてます。
自分自身も、何か情報とかを残しておきたい時はほとんど電子化させてパソコン上あるいは、
ネット上(クラウド??)に保存するようにしてます。

iTunesで音楽聞けるのでCDを持つ必要がなくなりましたし、本も最近は電子書籍ばかり読むようになってきました。
電子化されてない本も、一冊100円くらいで電子化してくれる業者もあるので、それで電子化させて
iphone等で読むといった感じですね。

映像とかも、最近はDVDとかではなく、ユーチューブやニコニコ動画、
あるいはiTunesで映画をレンタルしてそのままiphoneで見たりしてます。
テレビとかほとんど見なくなってしまいましたね。
また、スケジュール帳から、覚え書きみたいなもの、友達の連絡先等も全て当たり前ですけど、
電子化してスマートフォンの中におさまってます。

実際に何か固形として残しておくことが本当に少なくなりましたね。
すごく便利なことですし、そちらの方が会社の方も経費がかからなかったり、在庫持たなくて良かったりで、
メリットばかりあるので、そういう傾向になるのも無理はないと思います。

自分自身もすごく便利に使わせて頂いてますし、これからももっともっとそういう傾向になっていくと思います。
でも、「残す」為に開発された現代の代物は果たして、どのくらい保存できるのでしょうか。

電子化されたものは確かに腐ったり劣化したりはしないんでしょうけど、
それは何千年も保存しておくことってできるのでしょうか。

何千年も経てば、今保存されてる電子化した物のアルゴリズムが変わってしまったり、
そういったものを取り出す機械は大きく変わってしまってて、取り出すことが不可能になってしまうような気がします。

数十年先くらいなら、簡単に電子化したものを人間が目で見える形で取り出すことはできると思いますが、
さすがに何千年ともなれば、時代が大きく変わってて、残しておくことはできないような気がします。

CDやDVDなんかも、さすがに何千年もの間残しておくことは不可能に思います。

何千年も先の人類が、遺跡発掘してる時に、自分達が使ってたCDやDVDを見つけようとしても、
きっとあとかたもなくなって、発掘できないように思います。

しかし、現代から見て何千年も昔の人が残したものや発明品は今でも見れるものが多く残ってるように思います。

石に書かれた字とか、ピラミッドとか、モアイ像みたいなものとか、何か建物だったりとか、
そういった昔の人が使ってたものや発明したものって何千年経った今でも、ちゃんと残すことができてます。

もし自分達が何千年も先の人類に何か情報を残しておこうとするなら、
CDやDVD,あるいは電子化させたものでは到底不可能なように思えます。

きっとCDやDVD、あるいは電子化したものを取り出す考え方自体大きく変わってしまってるでしょうし、
それが何かすらも分からないような気がします。

でも石に字を書いて残しておいたら、きっと何千年経っても残しておくことができるように思います。

何が言いたいかと言いますと、確かに最先端の技術は便利ですし、色々メリットはあると思うのですが、
廃れるのも早いんじゃないかということです。

逆に昔から継がれてきたものは、不便な面もありますが、長い将来に渡って通用するということです。

数百年したらパソコンとかスマートフォン自体あるかどうかも分からないので、
この自分のブログなんてせいぜい数十年もしたら、あとかたもなくこの世から消えてるように思います。

でもこれを石とかに書いて残しておいたらきっと数千年経っても残しておくことができるように思います。

最近はパソコンとかコンピューターがどんどん発達していって、
FXにおいても、最新のコンピュータやシステムでトレーディングする機会が多くなったかと思います。

エントリーも決済も自動でできたり、またテクニカルもどんどん進化していってすごく見やすいものだったり、
全て自動化されてるようなものばかりです。

矢印が出てあとはそれに従うだけでトレードができるようになったり、
ほんのちょっと前までは考えられなかったようなシステムでトレードすることができるようになりました。

しかし、永続的に通用するテクニカルやシステム売買等は中々ないように思います。

一時期流行って、その時は最強のように言われてたテクニカルやシステム、
自動売買等もほんの数ケ月もしたら、使い物にならなくなってしまってます。

でも、昔から使われてるトレンドラインや平行ライン、あるいはローソク足といったものはいまだに有効ですし、
多くの投資家達に重宝されてます。

確かに最新のテクニカルやシステムは便利で楽ですが、その分廃れるのも早いように思います。

トレンドラインなんかはいちいち自分で引かないといけないですし、
矢印が出でそれに従うだけのトレードはできないので、面倒ですし、習得するのも難しいですが、その分長い間通用するものだと思います。

でも投資は一時的に勝つだけでは全く意味ないと思います。
数ヶ月数年勝ってて、その後負けてしまったら、
せっかく積み上げてきた資金もまた0に戻ってしまったら全く意味がありません。

そうではなくて、ほんのちょっとずつでもいいから、
今後ずっと数十年、自分が生きてる間ずっと勝ち続けていくことが大事だと思います。

でないと、投資をする意味がないですし、資金も残せません。

投資の醍醐味である複利も勝ち続けることができなければ、全く意味をなさなくなってしまいます。
自分達が目指してるのは、一時的に勝つことではなく、勝ち「続ける」ことだと思います。

勝ち続けるにはやはり、今後もずっと長い間通用する手法やテクニカル、考え方を使うようでないといけません。
最初は中々簡単には勝てないかもしれませんが、ほんのちょっとずつでも勝てるようになれば、それは一生ものです。
つい簡単に儲かる自動売買やシステムに目がいきがちですが、
それに振り回されてたら、永久に勝ち続けることはできないと思います。

そういったものを見ないようにして、とにかく古典的なやり方ですが、
トレンドラインや平行線を重視するような手法の勉強を続けていけば、今後一生相場に通用する力が身に付くと思います。

自分が今やってる手法はすごく古典的ですが、利益出せてます。
今後もずっと同じ手法、考え方で取り組んでいくつもりです。
古典的な手法ですが、最強の手法だと思ってますので。

大きく取れなくても、小さい利益を毎日永続的に何年も何年も複利で積み重ねていけば、
めちゃくちゃ大きな財産にすることができます。

目先の大きな利益なんて複利を使えば、数カ月もしたらあっという間に抜かすことができます。
数年も経てば、その差は明らかになると思います。

最新のものは便利でいいですが、昔から継がれてきたものは何かしら意味があるから継がれてきたのであって、
通用するから、いまだに多くの人に使われてるんですね。
そういったものを大事にしていきたいものですよね。

最近はこういうのが出てきましたが、どうなんでしょう。


スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク