FXで勝てるようになったら一生安泰?

こんにちは、なつきです。

急ですが、トレード中ってみなさんは何をして過ごされてますでしょうか?

1分足や5分足レベルのスキャルをされている方はチャートに釘付けになって、
他ごとなんてしてられないかもしれませんが、私は5分足手法は午前中だけ、
あとの時間は30分足と4時間足の手法なので、結構暇してることが多いです。

ですので、その空いてる時間は私はよくYOUTUBEで国会中継を見てたりします(笑)
別に国会中継を見て、何か勉強しようとかそういったことではなく、ただ単に好きなだけです(^^;
まあ変な趣味というか変わってるとよく言われますが、
下手なテレビ番組を見てるより国会中継を見てる方がよっぽど面白いと思うのは私だけでしょうか。。

さて、あるYOUTUBE動画を観たのですが、
題名がソロスが1000億儲けたとなっていたのですが、
後半の麻生さんの発言が気になったので載せました。

アベノミクスで1000億儲けたというのもまたすごい話ですが、
麻生さんはその後FXについて見解を述べてます。

相場で生き残る為には、できるだけ長く通用するものを使う必要があり、
そしてなおかつその時その時の相場状況に合わせて柔軟に
変化できる対応力も同時に必要になってくることをお伝えしているかと思います。

ですので、私の普段のトレードでは、FXだけでなく、株や商品等、
他の金融商品や投資分野でもできるだけ通用するもの、またすぐに適応できるようにしています。

それは、今後もずっと同じ条件で今と同じようにFXができる保証というのが無いからです。

つい数年前まではFXのレバレッジは無制限にでき、
400倍までかけれる取引業者が平気でありました。
それが、瞬く間に25倍までに減らされてしまいました。

そしてこの動画の中で麻生さんが述べてるように、またいつかは規制等が入ることはあるでしょう。
またレバレッジが低くなるのか、あるいはFXというもの自体廃止になるのかそれは分かりませんが、
今と全く同じ条件でトレードし続けていくということは考えにくいかと思います。

そしてその後、バイナリーオプションで規制が入りました。

株の世界でも緊急時には空売り禁止なんていうのも平気で政府は打ち出してきます。

日頃より相場は常に変化してるとお伝えはしていますが、
それ以上に規制などによりトレードする条件そのものも変化することが多いにあるのが相場の世界です。

ですのでFXに規制が入ったり、あるいはFXそのものが廃止されたら、
すぐに他の金融商品に移り、またそこで稼げれるように準備や対策をしておく必要があるのです。

ですので、FXでしか通用しないロジックやインディケータ、
また対応力をつけずにその場限りしか稼げない能力のままでは、非常に危険なのです。

FXだけでなく、商品や株の世界でも同様に稼ぎ続けられるロジックと
またそれらの相場でも使えるインディケータ、
そしてそれらの相場にすぐに適応できるだけの対応力は今のうちから付けておく必要があります。

たまにFXで稼げれるようになったら、
一生勉強もせず稼ぎ続けることができると勘違いされてる方が居ますが、大きな間違いです。

相場の世界ではいつ何が起きるか分からないですし、常に勉強は必要です。

そして特にFXという相場はある意味異常な金融商品であることも事実です。

最高レバレッジが25倍までに減らされた時は、
かなり低リスクで少ないレバレッジになったな~と感じたものですが、
通常の株や商品の世界から見たら、25倍なんていうのはとんでもない高レバレッジなのです。

ある意味感覚が麻痺してしまっているのかもしれません。

そしてレバレッジのある金融商品は、リーマンショックでもそうでしたが、
大きな暴落を増大させる原因ともなっていることも事実です。

そうすると当然ですが、政府はそれに対して規制をかけてくるのはごくごく普通のことです。

もちろんそれまでに稼げれる時に稼いでおくというのもまた大切ですが、
稼げなくなった時に次はどうするのか?も常に考えておく必要があります。

特に専業でされてる方はなおさらだと思います。

私たちトレーダーは何の保障もありません。

稼げなくなったら、雇用保険に入ってるわけでもないので、
即座に生活に影響が出てきてしまいます。

身分としてはフリーター以下なのです。

フリーターの方がまだ社会的信用があるのが事実です。

ですので、とにかく相場の世界では大きく稼ぐことよりも、生き残ることが数百倍大事です。

そしてその為には、いつも言ってることですが、今後も長く使えるロジック、
手法を使い、そしてFX以外でも株や商品等あらゆる相場でも使えるインディケータを使い、
そしてどの相場に移ることになっても、対応できるような能力を日頃から付けておく必要があるのです。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク