手っ取り早くプラス収支にするには

僕が普段トレードしてて、連敗を出し不安になった時に必ず思い返すことがあります。
またそのような考え方をするようになってから勝てるようになった考え方でもあるので、
今まだ中々勝てないで悩んでる方や、あるいは連敗が続き不安になってる方に何かお役に立てると思い記事に書いてみようと思います。

僕自身もそうでしたが、負けてる時やマイナス収支の時はどうしても手法に目がいってしまいがちになります。
手法が悪いから負けるんだ、もっと良い手法があれば勝てるようになると思いがちになってしまいます。
確かに手法ももちろん大事ですが、結局一生勝ち続けられる手法なんてものは世の中には存在しません。
ですので、勝てる手法を捜し求めること自体、ゴールの無い作業なのです。

相場は常に変化してますので、システムトレードをするにしても自動売買をするにしても裁量トレードをするにしても、
常にその時その時の状況や相場環境に適応させていく必要があります。
ですので、どのような手法を使うかは一旦忘れて頂きたいと思います。
手法をいくら探してもそこに勝てるようになる為の答えは無いからです。

では、どうしたらいいのか?
今回はマイナス収支からプラス収支に今すぐにでもできる方法を解説させて頂きたいと思います。

まず、負けている方のほとんどは感情トレードをして負けてる方がほとんどだと思います。
負けてる原因を手法のせいにしてる方が居ますが、
実際に蓋を開けてみるとその手法通りにすらトレードしてない方が多いのではないかと思います。
それは感情が邪魔をしてルールを無視したり、あるいは想定以上の枚数を持って、
そして連敗しその手法を辞めてしまい、せっかくルール通りにトレードしてればトータルではプラス収支になってたものも、
自らマイナス収支にしてしまってるパターンがかなり多いのではないかと思います。

そこで今日すぐに実践できることとして、
1:リスク、リワードを同じ比率にする。
具体的にはエントリーした瞬間にOCO注文を出し、勝っても負けても同じ金額になるようにするということです。
金額で計算してもpips数で計算してもどちらでも良いですが、とにかく勝ちと負けを同じ比率にします。
一回のトレードでのリスク、リワードを資金の2%に設定する方法でも良いですし、
1回のトレードでのリスク、リワードを10pipsに固定するでも構いません。
(上級者は%で固定する方法がお勧め)

なぜそのようなことをするのか?
結局のところ、相場は上がるか下がるかなんて誰にも分かりませんし、
上がるか下がるかのどちらかしかないのですから、確率論的に考えて、上がるか下がるかは2分の1の確率です。
ですので、極論無茶苦茶なエントリーをしても、OCO注文さえしっかり入れておけば、長い目で見たら収支はプラスマイナス0になるはずです。

しかし、ここで、あれ??????って思った方は勘がするどいです。
そうです、スプレッドです。
買いエントリーをして今の値から10pips上がる確率と10pips下がる確率は同じでも、
10pipsの利益を得るのと、10pipsの損失を被るのでは確率は当然違ってきます。
いくらOCO注文を入れても、10pips損失を被る方がスプレッドの関係で確率は高くなります。

この理由は分かりますでしょうか?
スプレッドの関係で例えばスプレッドが1の場合、11pips上に上がってくれないとリミットにはひっかかりません。
逆に9pips下がったらストップにひっかかってしまいます。
スプレッドが2だったらさらに確率は不利になりますね。
ですので、厳密に計算すると、スプレッド1の場合ですと、1トレードごとに1pips損失を被ることになるので、
100回トレードしたら、収支は
-100pipsになります。

なんだ~結局マイナス収支になるのかよ!って思うかもしれませんが、
逆に言えば感情トレードを排除すれば、100回トレードしても-100pipsで済ませることができるということになります。
100回トレードして収支が-100pipsを超えてる人は、明らかに感情トレードをしてる証拠です。

どうでしょうか?
スプレッド以上に負けてるということは、どこかしらで感情トレードをしてると思っても過言ではないかと思います。
結局相場では上がるか下がるか2分の1の確率なので、滅茶苦茶にエントリーしたとしても、
損切りする場所と利食いする場所を明確に決め、ルール通りにトレードしてれば、スプレッド以上負けることはないはずですから。

ですので、今まだマイナス収支の人は一度リスクとリワードを固定してみて下さい。
まずはマイナス収支から抜け出すには感情トレードを辞めることが第一歩です。
あなたが今やるべきことは、手法探しではなく、感情トレードを辞めることが先です。

では、スプレッド分の損失はどうしたらいいのか?
スプレッドは案外軽視されがちですが、後で振り返ってみると結構収支に大きく影響してるのが分かると思います。
1年間の収支がマイナスの人が、スプレッドが有利な取引業者に変えてトレードしてた場合での収支を計算してみたところ、
プラス収支で終えることができてたということも結構ある話です。
よりスプレッドが有利な業者を常に探してその会社を利用することも大きな改善策です。
スプレッドが1違うだけで1年単位で考えるとかなり大きな額になります。

ただし、今回は今すぐにできる策として、
2:トレードスパンを長くし、トレード回数を減らす。
を解説させて頂きたいと思います。
スキャルピングはトレード時間が少なくてもトレードチャンスがたくさんあり、
また利益をすぐに上げられるように思いがちですが、スプレッドの観点から見るとかなり効率が悪いトレードスタイルになります。
当たり前のことを言うようですが、スキャルをするにしてもスイングトレードをするにしても、スプレッドは同じだけかかります。

スキャルで10pips取るのに必要なスプレッドが1の場合、
スイングで100pips取るのに必要なスプレッドも1です。

同じ期間でスキャルをした場合とスイングをした場合で考えてみたいと思います。
ざっくりとした計算ですので、実際のトレードでは当然ですが前後します。

スキャルで100回トレードした場合の必要スプレッドは100です。
スイングではスキャルよりチャンスが少ないことを考えて、10回トレードしたとします。
そうすると必要スプレッドは10だけですね。

確かにスキャルの方がチャンスが多くレバレッジもかけれますので、良さそうに見えますが、それは勝った時の場合の話です。
スプレッドの観点から見ると、非常に不利です。
ですので、スキャルピングでプラス収支にするには相当なトレード力が必要になってきます。

そして当然ですが、トレードすればする程、その分スプレッドはかかってきます。
ですので、自分の中で、この箇所でのエントリーはかなり勝率が高い!
という箇所だけをトレードする方がスプレッドの観点から言うと非常に有利になります。
ですので、まだ中々プラス収支にならない人は、今よりも長いスパンでのトレードをし、そしてトレード回数を減らすことをお勧めします。

以上の2つは今すぐにでも取り組めるもとだと思います。

以上の2つを実践することによって大きく負けたりすることは少なくとも無くなるはずです。
あとは今ご自身が取り組んでる手法で上記の2つを取り入れて勝率を良くすることを考えれば、
勝率55%位でもプラス収支には持っていけるのではないかと思います。

滅茶苦茶にエントリーしたとしても、スプレッドの割合を低くしておけばおくほど、勝率は50%に限りなく近づきますので、
プラスアルファで勝率の良い箇所だけエントリーするようにすれば、勝率は55~60%くらいには引き上げることができ、トータルでプラス収支に持っていけると思います。

そしてさらに勝率を良くする方法として、これから相場は上がるか下がるかは誰にも分からないですし、予想することもできないですが、ただし、

・上昇トレンドの時は下がるよりも上がる確率の方が多い
・下降トレンドの時は上がるよりも下がる確率の方が多い

ということが言えるかと思います。

世の中には様々な手法があり、逆張りやブレイクアウト手法、他にも色々な手法があると思いますが、
どの相場でも言えることは、上記のことではないでしょうか。

このことは今後どのような相場になろうとも、またFXに限らず株、商品先物等どのような相場でも、

・上昇トレンドの時は下がるよりも上がる確率の方が多い
・下降トレンドの時は上がるよりも下がる確率の方が多い

この2点のことは言えるのはないかと思います。

トレンドというのは人間の本質的な部分が変わらない限り今後も永久に存在すると思ってます。
人間の本質的な部分というのは、「大衆に従う」ということです。

流行とかブームとかそういったことは必ずどこの業界でも起きます。
そして人間はそれに乗りたがる傾向があります。
みんなと同じ行動をしてたら安心だからです。

このようなことから、株でもFXでも値が上昇してる時はそれに乗りたいと思うのが人間の本質的な感情です。
なので、バブルが何度でも起きるのです。

通常ではありえない価格だと分かってても、みんが買ってたら自分も買いたくなるものです。
それがバブルの原因ですし、トレンドが発生し続ける理由です。

ですので、くどいようですが、

・上昇トレンドの時は下がるよりも上がる確率の方が多い
・下降トレンドの時は上がるよりも下がる確率の方が多い

ということは不変の事実のように僕は思います。
大事なのはどの手法を使うかではありません。

まだ中々プラス収支にできない方は、今回解説させて頂いた、
1:リスク、リワードを同じ比率にする。
2:トレードスパンを長くし、トレード回数を減らす。

そして、まだ特に決まった手法をお持ちではないなら、
・上昇トレンドの時は下がるよりも上がる確率の方が多い
・下降トレンドの時は上がるよりも下がる確率の方が多い
の考えに合う手法でトレードしてみるようにすると、成績はかなり改善され、
大勝ちはできなくても、少なくともプラス収支には持っていけるのではないかと思います。

僕自身も負けが続き不安になった時は必ず今回記事に書いたことを思い返し、そして実践するようにしてます。

この本は、トレンドフォローがいかに長年通用してきたか、
多くの成功したトレーダーが使用しているのかが書かれた本です。
トレンドフォロー手法はドローダウンも当然ありますが、
やはり最終的に生き残っているトレーダーは、
皆トレンドフォロワーなのです。
この事実が、この本を読むことでより理解できるようになります。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク