たくさん値幅が取れても意味ない?

こんにちは、なつきです。

僕自身は、1日に10pipsを目標にトレードしてます。
その1日10pipsを目標にしてるっていうのは、
実は結構奥が深くて、色々な意味というか効果があるのです。

まず最初に1日に10pipsくらいならそんな無理なトレードをしなくても済むようになります。
もし1日に50pipsも取るような目標を立てたら、結構無理なトレードをしないと取れないことが多くなり、
結果的に無理なトレードをする余り、損失を出すトレードが多くなってしまいます。
そういった意味からも、低めの1日10pipsという目標にしてるというのがあります。

そして次になんですけど、手法にも関わってくるのですが、
1日に50pips取るような目標を立てた時と、1日に10pipsの目標を立てた時では、明らかに使う手法は変わってくると思います。
恐らく1日に50pipsを狙うなら、
トレンドフォロー手法で値がどんどん伸びていったら
とことん取りにいくような手法でないと中々50pipsという目標にはたどり着けないと思います。
逆に1日10pipsを目標にしてると、値幅をどんどん追いかけるというよりも、
勝率の高い位置で早目に利食いをするようなトレード手法になります。

実はこの点が僕が1日に10pipsという目標にしてるネックになります。
エントリー位置はひょっとしたら同じ箇所になるかもしれませんが、
エグジットの仕方が根本的に違ってくるわけなんです。
で、1日に50pips取る方の手法は、
トレンドが発生したらどんどんそれに連れて値を追いかけていかなければいけません。

この方法は分類すると、とことん値幅を狙っていく変わりに、
勝率自体はどうしても落ちてしまうようなトレード手法となります。
勝率もよく、値幅も取れる手法なんていうのは、よっぽどの裁量手法でない限りありえません。
勝率を取るか、それとも値幅を取るか。
値幅は小さくてもいいから勝率良く取っていきたい。
あるいは値幅を取りたい変わりに、勝率は多少悪くてもいい。
バリバリの裁量手法ではなく、
極力機械的なトレードをしていきたいのでしたら、そのどちらかを選ぶしかありません。

もし1日に50pipsとか狙う目標でしたら、必然的に値幅重視の手法になると思いますし、
僕のように1日に10pipsという小さい値幅を狙うトレーダーは勝率重視の手法を選ぶことになるかと思います。
もちろんどちらが正しいってわけではないのですが、僕が1日に10pipsという目標、
すなわち、勝率重視の手法を選んでるのには明確な理由があるのです。
大きく取る手法やシステム、自動売買は、必ずドローダウンというのも発生します。
大きく取れるやり方程、ドローダウンもまた激しいものです。
もちろんこれは当然のことであって、否定したいとかそういうことではないのですが、

ここで冷静になって考えて欲しいのですが、
本当に値幅を多く取れる手法ややり方の方が効率良く資金が増やせるのかってことです。
僕自身の考えで言うと、そうは思わないのです。
僕自身は、結論から言うと、大きく値幅を取ることよりも、複利を見方に付ける方が資金効率はいいと考えてます。
どういうことかと言いますと、仮に大きく取れる手法ややり方で、トレードした場合と、
1日に10pipsコツコツとトレードしていった場合とで比較してみました。
またどちらもトレードの魅力である複利を取り入れて計算してみました。
大きく取れる手法は、大きく取れる月もあるが、ドローダウンの月もあり成績をバラけさせました。
また大きく取れる手法も、1日に10pips取れる手法でも、1年間でのトータルで取った値幅は同じとしましました。
またスタートはどちらも100万円スタートで、10万円に付き1万通貨持つものとします。

端数に関しては1の位は無視して通貨数を計算することとします。

◎値幅をたくさん取る方のやり方

1月目 500pips   10万通貨  50万円   150万円(残高)
2月目 -300pips 15万通貨  -45万円   105万円(残高)
3月目 700pips 10万通貨  70万円   175万円(残高)
4月目 -200pips 17万通貨  -34万円   141万円(残高)
5月目 400pips   14万通貨  56万円   197万円(残高)
6月目 -100pips 19万通貨  -19万円   216万円(残高)
7月目 300pips    21万通貨  63万円   279万円(残高)
8月目 -300pips 27万通貨  -81万円   198万円(残高)
9月目 400pips 19万通貨  76万円   274万円(残高)
10月目 500pips   27万通貨  135万円   409万円(残高)
11月目 -200pips 40万通貨  -80万円   329万円(残高)
12月目 700pips   32万通貨  224万円   553万円(残高)

1年で2400pips取って、100万円スタートで残高は553万円になりました。
月ごとにかなりバラ付きがあるトレードです。
残高に応じて、次の月に持つ通貨の枚数を決めてます。
では、次に1日に10pips取っていった場合です。

1月目 200pips   10万通貨  20万円   120万円(残高)
2月目 200pips 12万通貨  24万円   144万円(残高)
3月目 200pips 14万通貨  28万円   172万円(残高)
4月目 200pips 17万通貨  34万円   206万円(残高)
5月目 200pips   20万通貨  40万円   246万円(残高)
6月目 200pips 24万通貨  48万円   294万円(残高)
7月目 200pips    29万通貨  58万円   352万円(残高)
8月目 200pips 35万通貨 70万円   422万円(残高)
9月目 200pips 42万通貨  84万円   506万円(残高)
10月目 200pips   50万通貨  100万円   606万円(残高)
11月目 200pips 6万通貨  120万円   726万円(残高)
12月目 200pips   72万通貨  144万円   870万円(残高)

1日に10pips取るやり方でも、1年で取ったトータルの値幅は2400pipsです。
同じ条件で1年トレードしましたが、残高はこちらの方が多いですね!
これが僕の言う複利を味方にするっていうことです。
同じ値幅を取っても残高は変わってくるのです。

ですので、成績が上下激しくなるような手法よりも、毎月安定的に稼げる手法の方が資金効率は良くなります。
こういったことから、僕はあえてたくさん値幅を取る手法を選ぶよりも、
1日に10pipsをできるだけ勝率よく、また安定的に稼げる手法を選ぶわけです。
たくさん値幅が取りたいって思ってしまいがちですけど、冷静に計算したらどちらが資金効率がいいか一目瞭然ですよね。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク