利益を追求すると、利益が減る

こんにちは、なつきです。

非常に暑い日が続いていますね。
熱中症には十分お気をつけ下さい。

さて何かのテレビでやっていたのですが、
ある成功されている会社経営の人が出演されていて、
こんなことを言っていました。
「多少収益が落ちてでも、地域社会の為にやらなければいけないことがある。」

会社経営は利益第一?

さて、これに対してどう思いますでしょうか。
その後、この番組では視聴者の意見を募集していたのですが、
やはり多くの方から、会社経営をしている以上は
利益を追求することを第一に考えないといけないですし、
多少利益が落ちてでも、なんて言ってたら株主にどう説明するのか?
等のような意見が届いていました。

確かに株式会社である以上、株主からお金を集めているわけですので、
利益を最大限追求することをする義務があるはずです。

しかし、この会社経営の人はこう答えていました。

「目先の利益を求めていると後々自分の首を苦しめることになる、
企業というのは利益を追求することが目的になるのではなく、
生き残ることを目的にしないといけない。
そして目先の株価が上がるよりも、将来長い目で見て
長期的に安定している株価、会社であることを望む株主が多いのです。」

これを聞いた時、なるほどな~と思いました。

利益の追求は破滅への道

目先の利益を追求することを目的としてしまうと、
毎期ごとに目標売上がどんどん上がっていくわけですし、
常に成長し続けないといけません。
常に新規顧客の開拓、売上アップ、
事業の拡大を常に強いられます。
利益が出ている時は株価もぐいぐい上がり、
バブルのように儲けることができるかもしれませんが、
それはやがては限界が来て、そそて株価を上げ渋り、
そして短期での利益を求めていた株主は逃げていき、
そして株価が急落し、会社自体も事業縮小、
そしてリストラ、下手すると債務ばかりが残り、
倒産なんてことになってしまいます。

そしてこういった会社というのは
本当に多いような気がします。

会社にとって必要なこと

逆にとにかく何世代にも渡って、今後生き残り続けることを
目的とした会社というのは、
短期利益をそもそも求めていないので、
無理な計画を立てません。
そして地域社会から必要とされる事業を行うようになります。
そうすると、地域社会がこの会社のことを必要とするようになり、
その会社無しではやっていけなくなるくらい依存するようになります。
確かにこのやり方では最初はあまり利益が出ないどころか、
先行投資ばかりが目立ち、赤字続きの経営が続くかもしれません。
しかし、じわじわと地域社会がこの会社の必要性を感じるようになり、
やがては黒字に転換し、黒字に転換した後も、
利益を追求することを目的としていないので、
利益よりも、この会社を必要としている人が
じわじわじわじわと増えていくようになります。
そしてそういった会社というのは短期利益を求めている投資家は寄ってこず、
長期的に安定した成績を出したい投資家が寄ってくるようになるので、
株価が安定します。
株主自体も急に一気に大量の株を買ったり、
注目されて一気に大勢の人がこの会社の株に群がるといったこともなく、
少しずつ少しずつ株主が増え、そして株価もゆっくりゆっくりと
上がっていくようになります。
ゆっくりゆっくり上がっていっても、
そもそも長期での目的とした投資家ばかりが集まっているので、
多少業績が落ちたり、株価が下がったとしても、
簡単に売ったりはしません。
ですので、非常に安定した状態で株価が推移しますし、
一気に株が売られるなんてこともありません。

そして常に生き残ることを目的としていますので、
地域社会から必要とされるだけではなく、
協力も得られるようになり、
こちらから何か働きかけなくても、
勝手に仕事が舞い込んできたり、
事業が大きくなっていったりといったことも起きます。
ですので、無理無く成長していけるようになります。

成功する会社とは

さて、二つの例を出しましたが、
やはり将来的に成功する可能性の高い会社というのは、
どうも後者の方ですよね。

つい会社経営をし始めると、利益ばかりを追求してしまうようになります。
しかし、冷静に考えると、それは長期的に見ると、
自分で自分の首を締めているようなものだと気づくようになります。

投資で成功する為には

これは投資の世界、FXの世界にも当てはまるのではないでしょうか。

短期で一気に稼ぎたいと思えば思う程、
難しいスキャルピングに手を出したり、
無理なレバレッジでトレードしてみたり、
勉強や研究をせず、システムやツール等を買い漁るようになったりして、
結局は資金を増やすどころか減らしてしまうことの方が多くなってしまいます。

逆に、儲けることよりも、
とにかく生き残ることを目的としてトレードするようにすると、
長期的なスイングトレードを選択するようになり、
レバレッジも低めに抑え、
王道的な手法をしっかりと勉強、研究をした上で使い、
そして1年トータルでプラスになってればそれでいいや、
むしろ資金が減ってさえいなければいいやという気持ちで取り組むようになり、
そうなると、トレードに感情が入りにくくなり、
ルールを守りやすくなり、
そして結果的には利益を得ることができるといったことになることが多いです。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク