同じ手法を使っていても勝てる人と勝てない人

こんにちは、なつきです。

さて、自分はよくタイへ行く機会があり、
また色々な人と出会うことが増えました。

日本からタイへ進出して最近タイで事業を始められた方や、
タイで長く働いている日本人、
タイ人の経営者等、
色々な方とお会いする機会がありました。

日本からタイへ来たばかりの経営者やオーナー等で
一番多く抱える悩みが、
タイ人と仕事に対する考え方、価値観の違いだそうです。
日本で長く働いてきた方が、
タイで事業を始め、
タイ人を雇った時に、日本人とのギャップに戸惑ってしまうケースが多いようです。
タイ人と言ってももちろん色々な考え方、性格の人が居るのですが、
基本的にはタイ人は仕事は嫌なことがあればすぐに辞めてしまったり、
そもそも同じ会社に長くとどまるという概念が無いようです。

日本人は、できるだけ一つの会社に長く居ようとしますし、
それが美徳とされている面もあります。

タイでは自分のステップアップの為に、
どんどんと会社を変えていきますし、
嫌なこと気に入らないことがあればすぐに辞めてしまいます。

日本人みたいに我慢して我慢して働いて
過労死するくらい働くくらいなら、
さっさと辞めてしまった方が理に適っていると言えば適っているかもしれません。

逆に長く同じ会社で働くことによって
身に付く能力やメリット等も当然あります。

どちらが良いのかは人それぞれの考え方次第ですし、
分かりませんが、
トレードにおいては、
やはり長く「続ける」ということを
私は強くお勧めします。

トレードは誰でも勝てるようになると良く言われていますが、
やはりセンスや向き不向きも当然出てきます。
器用不器用等も当然成績に左右されます。

しかし、どれだけセンスが無く、不器用な人でも、
一つの手法を長く続け、
その手法を徹底的に研究をしていけば、
多くの確率で誰もが勝ち組になれると私は信じています。

逆に多少センスがあったり、
器用な人がすぐに利益を出せるようになったとしても、
同じ手法を長く続けることや、
トレードそのものを長く続けられないと、
どこかで大損するか、
そもそもトレードで稼ぐこと自体いずれは難しくなってきます。

どんなに苦手なことでも、
3年も続ければそれなりの技術は身に付きます。
そして長く続けるということは、
どんなものにも増して強い力となります。

「継続は力なり」
という誰もが知っている言葉がありますが、
まさにトレードはその言葉通りだと思います。

私自身も負けている期間というのは
人一倍長かったです。
通常の人間だったら、
既に諦めているような長い期間、
トレードで勝てず悩み続けていました。
しかし、それでも続けたことによって、
今があると思っています。

そして続けることによってのメリットは、
慣れというのがあります。
スポーツでもそうですが、
同じ運動を何度ども何度も繰り返し
反復練習をします。

ボクシング等でも、
同じ動きを何度も何度も
反復練習をし、
いざ試合の時に、無意識に行動できる
レベルまで落とし込めるように
日々繰り返し練習をします。

またその練習量が自信に繋がったりもします。

トレードでも、同じ手法を何度も何度も行うことによって
様々な相場を体験することができ、
そしてその結果、少々変な相場が来ても
驚くことなく、「無意識」に行動することができるようになります。

この「無意識」というのがすごく大事で、
毎日毎日同じ手法を使っていると、
損切る時も利食いをする時も、
何の感情も無しに無意識にできるようになります。
ですので、感情で大きく成績が左右されるトレードにおいて
無感情でトレードができることにより、
成績が安定してくるのです。

同じ手法を使っていても、
勝てる人と勝てない人が居るのはそこが理由の一つです。

なぜそのようなことが起きるのか?

勝てる人というのは、その手法に対して
研究も多くし、長い目で見たらトータルで利益が出ることを知っており、
また多少変な相場が来ても、感情的にならずに、
決められたルールに従って淡々とトレードしていけるからです。

逆に同じ手法を使っていても勝てない人というのは、
そもそもその手法がトータルで利益が出るんだという確信が無いので、
多少連敗が続くと、すぐにその手法を辞めてしまいます。
また少しイレギュラーな相場が来ると、
驚き、損切りをためらったり、
あるいは今は今後二度と来ない大きなチャンスだとなぜか思ってしまい、
通常の枚数とは違った枚数を張ってしまったり、
ルールを無視してトレードするようになります。
そうなってしまっては、もう手法どうの以前の問題です。

同じ手法を使っていても、
勝てる人と勝てない人というのは、
結局は一つの手法を
「続け」られるかどうかにかかってきていると言っても
過言ではないと思います。

ですので、まずはどの手法でもいいですので、
とにかく1つの手法を使い「続ける」ということをしてみて下さい。

勝つために大切なことは、勝てる手法を見つけることではありません。
一つの手法を研究し、使い続けることです。
使い続けることによって、その手法の特徴を知り、
そして自分でアレンジして、
その時の相場に合った手法に、
自分で作り直していけるようになるのです。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク