続けること

「続けること」って何でもそうですけど、すごく大事なことのように思います。
続けてたら見えてくるもの、続けてたら力になるもの、
そういうものは世の中にすごく多いと思います。
特にFXでは「続ける」ということがすごく大事だなって日々感じます。

トレードを続けるという意味ではなくて、一つの手法を使い「続ける」ということです。
また、検証でも勉強でもトレード日記でも「続ける」と色々なものが見えてきますし、色々な発見にも繋がります。
手法一つとっても、この「続ける」ということをしないと、
中々本質が見えてこないことが多いのではないかなって思います。

何か手法を手に入れた時に、2,3回トレードしただけでその手法を判断してしまっては、
その手法の本質には触れることができません。
とにかく最初は何が何だか分からなくても、使い続けてると、
色々なものが見えてくるようになるものです。

僕自身も今使ってるチャート設定は結構前からずっと使い続けてるものですので、
色々なチャートを今まで見てきました。
失敗したこともありますし、びっくりしたこともありました。

でもそれでも同じチャート設定で毎日相場を見てることによって、色々な発見をしてきました。
こういう時はこうなることが多いんだ!とか、こういうこともあるんだな、
そしてこういうイレギュラー的な動きは大体どのくらいの確率で起こるな!とか、
中々数値化できないようなことも毎日見てると分かってくるものです。

よく同じ手法を使っても、勝てる人も居れば、負ける人も居るということがよくありますが、
その原因は「続ける」ことができてるかどうかが一つの原因になるのではないかなって思います。

毎日その手法を使ってる人は初めてその手法のチャート設定を見た人よりもはるかに多くのものが見えてるはずです。
同じチャート設定なのにも関わらず、見えてるものが違って見えるのです。

ですので、初めて使う手法は色々なことが見えてない状態でのトレードになりますので、
中々勝つことも難しいと思います。
そして毎日見続けてるチャート設定での手法は、
色々なものが見えてる状態でのトレードになりますので、より有利なトレードができるようになります。

大事なのはセンスでもなく、勘でもなく、生まれもった才能でもなく、
毎日同じチャート設定で、同じ手法を使い「続けて」るかどうかなのです。
毎日同じ手法を使ってたら、
その手法の苦手な相場や騙しに遭いそうな場面というのが体で分かってくるようになってきます。
それは言葉では何とも言えないのですが、なんとなくこういう相場では騙しに遭いそうだなとか、
そういったことが毎日の観察で見えてくるようになるのです。
そうしたら、無駄なエントリーを避けることができるので、
より良い成績にすることができるようになります。

手法に関してだけではなく、トレード日記においても同じだと思います。
最初はトレード日記を付けてても、一体何の役に立つんだろう??って思って書いてることが多いと思います。
しかしノート1冊書き終えるくらいになると、
逆にトレード日記がないとトレードできないくらいにまでなってるはずです。
習慣化されて、ノートがトレードにおいて必須のアイテムとなり、必要不可欠なものになります。
毎日トレード日記を書いてると色んなことが見えてくるようになります。
これも続けてみて初めて分かることです。
トレード日記なんて書く必要あるのかなあ?なんて頭で考えてたって何も発見できませんし、
トレード日記を書くことの意味も理解できないと思います。
書き続けてみて初めてその必要性というのが分かるはずです。

検証作業も同じで、検証をし続けてると、ある手法を試そうと思った時に、
検証作業をしないと実トレードが怖くてできない程になってると思います。
その方が無駄な損失を避けることができますので、とてもいいことなのです。
僕自身も何かの手法をする時は検証作業をしないと、絶対に実トレードはできません。
自分が納得するまで検証作業をしてからでないと、実トレードには移せなくなってるのです。

それは自分にとって、無駄な損失を避けることができてるので、とても有益になってます。
それは僕が今まで、たくさんの手法を、かなりの時間検証し続けてきたからだと思います。
今使ってる手法もかなりの時間検証し続けてきました。
だから安心して使い「続け」られています。

「続ける」というのは、難しいことではありません。
同じチャート設定を毎日見続けるというのは誰でもできることです。
トレードノートにおいても、検証作業においても、その行動は特別な能力が必要なことではありません。
誰もができることです。
しかし、「続ける」ということを実際に行動としてやってる人はごく少数派なのではないかなって思います。
「続け」られない人が多いのではないかなって思います。

実際に行動としてやっても、大抵1週間も続きません。
さらに行動に移す人自体も少数派だと思います。
色んな人を見てきましたが、一つの手法を続け、検証作業を毎日し、
トレード日記を書き「続け」られる人というのは、ほとんどいません。
中々勝てないでいると、手法を変え、検証もしなくなってしまいます。
トレード日記も大抵は途中で辞めてしまう方がほとんどです。
トレード日記を実際に用意する人自体、少数派です。
それが現実だと思います。

ただ、頑張って「続け」てる方もやはり居ます。
やはりそういう方はすごく勉強してますし、同じ手法でちゃんと検証し、
トレード日記も書き「続け」てます。
その結果、勝てるようになったのではないかと思います。

この「続ける」というのはFXに限ったことではありません。
どの分野においても、「続ける」ということはすごく大事なことだと思います。
そして、この「続ける」という行為が中々できない人の方が圧倒的に多いというのも、
どこの分野においてもそうではないかなって思います。
スポーツの世界でも学習でも、仕事においても、何かを「続けてる」人が最後に笑うのかなって思います。
ちょっとかじっただけで辞めてしまっては何も結果を得ることができません。
多少辛いことがあっても毎日続けることによって成功が得られると思います。

もしあまりトレードで自分にとって納得できる結果が得られてないのでしたら、
トレード日記だけでもいいですので、
ぜひ何か一つのことを「続けて」みたら、
何か違ったものが見えてるくるのではないかなって思います。

下の本は朝の使い方で大きく人生が変わり、
では、具体的にどうしたらいいのかが書かれています。
トレード、特にデイトレーダーなんかは朝の使い方でその日の成績が大きく変わることもあります。
この本は特に専業を目指している方、デイトレーダーには読んで欲しい本です。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク