ウォーレンバフェットのトレードスタイル

こんにちは、なつきです。

最近はまたウォーレンバフェット関連の本を良く読んでいます。
世界一の投資家ってことで、どんな考えを持って投資してるのか気になって読み始めました。

詳しい投資方法等は自分とはもちろん全く違ってるのですが、
考え方の部分でとても共感できる部分がたくさんありました。

自分はFXでチャートを見てトレードしてるのですが、
ウォーレンバフェットはチャートというよりも会社の信頼性や将来的なこと会社の本来の価値と実際に株価を比較して、
株式を買うというスタイルで、自分とは全く違う方法で投資をされてるようです。

しかし、ウォーレンバフェットは
・次のマーケットがどう動くかは予測はしない
・次にマーケットがどう動くか予測できる人が居るとは思ってない
・大きなリターンを得るには大きなリスクを負わなければいけないとは思ってない
・一生勝ち続けるシステム、テクニカル、手法等があるとは思ってない
・自分の分からない会社には投資しない
・自分の流儀に専念する
・買う前からいつ売るか決めておく
・自分のやり方を疑わない
・することがないなら何もしない
・とにかく勝つことよりも負けないことに力を入れる

等といったことに気をつけて投資されてるそうです。
やり方は全く違ってもやっぱり投資で勝ってる人は、同じような考えを基本として投資、トレードされてるようですね。

やはり自分自身も大体同じようなことに気をつけてトレードしてます。
というより、こういう考えを意識するようになってから勝てるようになったと言っても過言ではありません。

手法を変えたからとか、資金を増やしたから勝てるようになったわけでは決してありません。
ある日、考え方を変えたら勝てるようになった感じです。

でもその考え方になるのには多くの時間を要しました。
投資、トレードって簡単なようで難しいですし、難しいようですが、簡単のことにいかに気づけるか、なのかもしれませんね。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク