相場との波長

トレードを長くしていると、思わぬ大相場と巡り合うことがしばしばあります。
特に下落トレンドは勢いが大きいことが多く、
ついトレードを躊躇してしまうこともあります。

しかし大きな下落トレンドが発生したら、
それに怯えるのではなく、逆にチャンスだと思って、
利益にしていく必要があります。

しかしながら現実には、いつ大きな下落トレンドが発生するのかは
中々予測することが難しく、
大抵は忘れた頃にやってくることが大半です。

そして大きなトレンド相場に備えトレンドフォロー手法を用いていても、
中々大きなトレンドに巡り合えず、レンジの中でのトレードとなってしまい、
利益よりも損切りの数の方が上回ってしまい、
そしていつしか、その手法をストップし、
他の手法に目がいくようになります。

そしてそうこうしているうちに大きなトレンドが発生し、
そのトレンドを捉えることを逃してしまうという結果になってしまいます。
そしてまた、次回の大きなトレンド発生時に備え、
トレンドフォロー手法を再度勉強し直すが、
そう何回もすぐに大きなトレンドに巡りあうことは無く、
またレンジの中でトレンドフォロー手法を使い、
そしてまた損切りの多い毎日を送ることになります。

このような経験は、相場と数年付き合っていれば、
誰もが経験することだろうかと思います。

相場というのは、直近の相場を見て頂いてもお分かりの通り、
常にトレンドが発生しているということは無く、
どちらかというとレンジでの期間の方が長く、
そして大きなトレンドが発生する時というのは、
何の前触れもなく気づいたら発生していたということが大半です。
発生したことに気づいた時には、
既に値が大きく動いた後ですので、
中々その時点からエントリーすることは容易ではありません。
しかしながら、エントリーを躊躇していると、
さらにトレンド方向に値が進み、
あの時エントリーしておけば良かったと後悔させられ、
そして思い切ってエントリーしてみると、
高値掴み、安値掴みに合ってしまい、
結局損失を被ることになってしまいます。

こういったことは誰しもが経験することであろうと思います。

またこういった経験をする度に、
誰かが自分のトレードを見ていて、
自分に恨みでもあるかのように、
常に自分のトレードとは逆方向に相場を動かしていると
思ってしまうようにさえなります。

こういったことの解決策は、手法を変えることや
小手先のテクニックを身に付けること等で
解決できるものではありません。

題名にもあります通り、私の経験則から、
自分の波長と、相場との波長が大きく影響していることが多いです。

自分と相場との波長が合えば、
どんな手法を使っていても利益を出すことができますし、
逆に波長が合わなければ、どんな手法を使っていても、
利益に繋げることが難しくなります。

この波長の調整が実はトレード成績に大きく影響してきます。

トレードはスポーツと似ている側面が多くあります。

私自身、かつて陸上部で長距離走をしていた経験があります。
スポーツは体力や日々の練習も当然重要ですが、
その時の体調が大きく影響するように思われますが、
私自身長距離走を行っていた時、
前日にゆっくり寝て、体調も万全に迎えた時でも、
あまり調子が上がらず、どちらかというといつもより
疲れが早く来るというような経験をしたことが何度もあります。
逆に前日ゆっくり寝ることができず、
また色々と忙しく疲れも溜まっている状態で試合に臨むと、
さすがに今回は良いタイムでは走れないなと思っていても、
なぜかそういった時に限って良いタイムが出たりするものです。

スポーツをしていると、自分の体調とは裏腹なことが多く起き、
大人になった今でも、自分の体調を判断することに苦しむことが多くあります。

実はトレードでもこのような経験が多く発生します。
トレードは長距離走とは違い、体力勝負では無いので、
特にデイトレをしている時は、
その時になってみないと分からないということが多くあります。

しかしながら、トレードの調子が悪い時というのは、
その日一日調子が悪いことが続くことが多いです。

午前中に調子が悪ければ、午後も上手くいかないことが多いです。
このような時は、自分の波長が相場の波長に合っていない時だと判断し、
仮にエントリーチャンスが再度来ても見逃した方が
良いことが多くあります。

逆に午前中に調子が良ければ、
その後のトレードでも上手くいくことが多いです。

人生でも、何か上手くいっている時というのは、
何をしても上手くいくことが多く、
逆に上手くいかない時には、
悪いことが続くというようなことを
誰しも経験したことがあるかと思います。

トレードでも「流れ」というのか、
「波長」というのがあります。

そしてこの「波長」を自分で感じられるようになると、
休み時や攻め時が分かり、
成績が大きく改善することが多くあります。

自分と相場の波長が合っている時にできるだけ積極的にトレードし、
波長が合っていない時は、トレードをしない、
あるいは枚数を減らしてトレードする、
ということができれば、損失を重ねることを防げますし、
また損失を重ねることを防ぐことができれば、
悪い感情を相場に入れることも無くなり、
そして良い感情のままトレードをすれば、
自然と成績が向上していきます。

波長が合っている時というのは、
トレードは楽しいものです。

そして相場からは決して自分に波長を合わせてはくれません。
自分から相場に波長を合わせていく必要があります。

波長を合わせる時には、規律が必ず必要になってきます。
この規律を守れる者のみが、
相場が自分に味方になってくれます。

トレードをする上で、
どのインディケータを使うのか、
どの手法でトレードするのか、
というよりも、
いかに自分と相場との波長を合わせるか、
相場と戦うのではなく、いかに相場と仲良くなれるか、
そこがトレードの成功の大きな鍵なのかなと思います。

このようにいつもより一歩下がって相場を見てみると、
また何か新たな発見があるかもしれません。

トレードにおいて心理は非常に深い関係があります。
今回の記事の波長も同様ですが、
この心理や波長という目に見えない部分が、
結果的にトレード成績に大きく影響してきます。
ついトレードの学習というと、手法ばかりに目がいってしまいますが、
この心理を疎かにしていると、いつまでたっても利益を出すことができません。
この心理を体系的にまとめられているのが、この本です。
色々なロジックを使っても上手くいかない、
もうどうしたらいいか分からないという方は、ぜひ一度お読み頂くことをお勧めします。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク