本当に必要なもの

トレードをされている方の多くは、
パソコンを上手く使いこなし、
そして日々ネット上で色々な情報を仕入れているかと思います。

パソコン1台で、いわば世界中の情報が瞬時に手に入るので、
とてつもない情報量です。

そして情報強者、すなわち、情報を多く持っている人、
情報を早く手に入れられる人の方が
成功しやすいかのように思われがちですが、
トレードにおいてはそうだとも言い切れない部分があります。

ファンダメンタル分析をされている方は、
情報が多い方がいいのかもしれませんが、
(必ずしもそうとは限りませんが)
チャートを元にトレードをされている方は、
どちらかというと、情報が少ない方が
トレードで上手くいくことの方が多いです。

初心者の時にやりがちなことですが、
あれもこれも色々なインディケータを載せて
結局買えばいいのか売ればいいのか、
どのタイミングで決済したらいいのか
わけが分からなくなってしまうことがあります。

それよりも、自分でこれだ!と決めた指標を
一つ信じて、それをとことん研究して
それを元にトレードした方が、
案外その方が成績は良くなるものなのです。

例えば、こんな経験は無いでしょうか?
友達と、どこかご飯を食べに行こうということになり、
せっかく久しぶりに会ったんだからと、
あれこれお店を厳選しようとしますが、
結局あれもこれもと悩み、決まらず、
最後には結局はどこにでもあるファミレスにするか
ということに落ち着いた経験はありませんでしょうか?



色々なお店を厳選し過ぎて、結局答えが見つからず、
いわば諦めてしまった例と言えます。

トレードでも、あれもこれもインディケータを載せてると、
どこでエントリーしたらいいか分からなくなり、
結局、よく分からず、感情のまま、
えいやーとエントリーしてしまうといった経験をされた方も
多いのではないかと思います。

結局、情報が多いと、どれが正しいのか分からなくなり、
しかしながら、何かしら決断をしないといけないわけで、
そうすると、指標も何も無視して、
感情や感覚だけでトレードしてしまう結果になってしまいます。

そうなってしまえば、当然勝つことはできず、
他のインディケータ探しに明け暮れるようになります。

それよりも、たった一つのインディケータだけでもいいので、
そのインディケータをとことん研究し、
そしてそれを信じ切ってトレードした方が
成績が良くなるのはある意味当然と言えば当然です。

もし、トレードで情報がもっと必要だ、
もっと色々な指標が必要だと思ってしまって
上手くいっていない方が居ましたら、
まずはどれか一つに絞って、
それをとことん研究し、
それだけを信じてトレードしてみると、
また違ったトレードができるかもしれません。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク