2016年9月の月間トレード雑感

デイトレは成績に波があった一ヶ月でした。
成績が悪い時期が続き、途中かなり辛かったですが、
とにかく自分の手法を信じて淡々とトレードしました。
その結果なんとか100pips超えの成績になりました。

スイングは調子良かったです。
逆張りでのトレードがよくあてはまった一ヶ月でした。
トレンドフォローでの手法は、損切りにかかることが多かったような気がします。

10月はいよいよ1ドル100円ラインを割ってくるのか注目です。
ポンドドルは7月に最安値を付けた、1.2790付近を超えるかどうか注意が必要です。

それでは、また10月も頑張ります!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. かねこ より:

    スキャルピングよりデイトレやスイングトレードの方が勝ちやすいとか、あるのでしょうか?

  2. なつき より:

    コメントありがとうございます!
    スキャルはデイトレ、スイングに比べスプレッドの比重が高くなりがちで、
    また突発的な動きによる損切りの割合も高くなりがちですので、
    基本的にはスキャルはデイトレ、スイング以上の練習、訓練が必要になってきます。
    ただ、トレードスタイルは人により合う合わないがありますので、
    スキャルが肌に合うという人は無理にスイングの勉強をするよりも、
    スキャルの訓練をして得意分野を伸ばした方が勝ちやすいという面もあります。
    またいつでもコメント下さい!

  3. 政彦 より:

    初めまして、政彦と申します。僕も海外居住者です。 昨日ユーチューブでなつきさんのビデオを知り、動画とブログを拝見しました。 長年FXをやっていてなかなか結果が出せず、最近かなりチャートもシンプルなものにしたのですがまだ調整、変更又は練習が必要なのかと悩んでいましたが、正直なつきさんのビデオを見て目から鱗の部分も多く、吹っ切れました!チャートはシンプルでも結局同じですね。 いやシンプルなもののほうがトレードしやすそうですね。だましを受け入れながら僕もやってみます。なんだかすごく気持ちが楽になりました。 1つ1つのトレードに一喜一憂せず淡々とトレードして月のトータルがプラスならいいじゃないか。。と思えるようになりました。 どうもありがとうございました。 なつきさんのスイングは4時間足をお使いなんですね。 ちなみにデイトレは何分足をお使いですか。僕は15分か30分足から1時間足でのトレードを考えていたのですが。。

  4. なつき より:

    初めまして!コメントありがとうございます!
    動画ご覧頂きましてありがとうございます。
    僕も初期の頃はあれこれインディケータ乗っけてたのですが、
    シンプルにすればする程成績が向上したので、削りに削って今はほぼ移動平均線のみでトレードしてます。
    インディケータ云々よりも重要なことは、現在の相場は全体的にどっちに向かっているかや、主要な移動平均線の位置、
    それから高値安値を意識した方が上手くいくことが多いと感じ、今の形に行き着きました。
    あとはおっしゃる通りトータルで利益が出せればいいや的な考えでトレードした方が、
    不思議なことに、ガツガツ目先の利益に拘るよりも、案外成績が良くなったりすることが多いです。
    スイングは4時間足メインでやってます!たまに時間無い時は日足も使います!
    デイトレは今は5分足でやってますよ。
    30分足や1時間足レベルでのトレードでしたら、決済タイミングがネックになってくると思いますので、
    OCO注文使った形でトレードしていくと、時間に余裕を持ったトレードができると思います!
    15分足でのトレードでしたら、時間帯を絞ってトレードすると上手くいくことが多いです。
    デイトレはトレードする時間帯の選択で成績が大きく変わってきたりします。
    ちなみにデイトレは日本時間の午前中は最近の相場ではクロス円で素直に動くことが多いですので、
    ほぼ午前中に絞ってトレードしてます。
    ロンドン時間以降のトレードでしたら、ドルストレートの方が大きく動くことが多いです。
    ただユーロドルは今年はずっとレンジの相場ですので、
    今後のEU離脱処理で注目されていることもあり、ポンドドルの方が大きく動いているので、手法にもよりますがポンドドルがお勧めです!
    同じ海外居住者同士、今後ともぜひ宜しくお願いします!
    またいつでもコメント下さい!
    僕もまだまだ勉強中です!投資の世界は取り組めば取り組む程、奥が深い。
    お互い頑張りましょう!

  5. 政彦 より:

    なつきさん
    ご返事どうもありがとうございます。
    海外居住(米国)ということもあり、あまりFX関連の友達もおりませんで、このような内容の話ができる人もおらず大変うれしく拝読しました。 

    いろんなアドバイスをありがとうございます。 早速ポンドドルも監視通貨に追加しました。 確かにユーロドルよりもよく動いていますね。 僕は1分や5分足などでのスキャルもかなり挑戦しましたが、全くダメでした。 教えてくださった方は非常に丁寧に教えてくれましたが、1つのチャートに出すインディケーターが非常に多く、それを何枚も見ていなくてはならず、混乱するばかりでした。その結果自分に合った時間軸を探してたどり着いたのが最低でも15分足、最近は30分足や1時間足でやっていましたが、昨夜なつきさんが4時間足でスイングをされていると知り4時間チャートを出してみたら、かなり素直に移動平均線に支えられて動いているのを改めて痛感しました。 僕も4時間のスイングで真似してみたいと思います。 使用インディケーターは21SMAと45SMA、それと数年前に購入した商材に付いて来た自動で水平線を弾いてくれるツールを入れ、抵抗になるところで弾かれるか抜けるかを見ながらトレードしています。 薄っすらとジグザグも出していますが、基本的にその3つ(移動平均線、水平線、ジグザグ)を使用しています。 とりあえずビデオでなつきさんが言われていたように、移動平均線が上を向いていてその上に値があれば買い目線という、オーソドックスな視点でいけると思い、淡々と実践してみようと思います。 元気を頂き、ありがとうございました。 最後に質問ですが、僕は資金も円で15万円(米ドルで1500ドル)くらいしかありませんが、スイングでやられる場合ロット数はどのくらいでやられていますか。 4時間足ということもあり、戻りも大きいだろうということ、チャンスがあれば2-3通貨ペアエントリーすることも考えると最初は1通貨当たり2000通貨(0.02ロット)くらいという非常に小さな単位で練習すべきかと考えているのですが。 ご意見いただけると嬉しいです。 お手数ですがどうぞよろしくおねがいします。 

  6. なつき より:

    いえいえ、僕もFXのお話ができる人と交流できるのは嬉しいことです。
    こちらこそコメント頂きましてありがとうございます!

    スキャルは特に合う合わない分かれる分野かなあと思います。
    自分に合うトレードスタイルを見つけて、それで運用していくことの方が、
    早く結果に結びつくことが多いです。
    元々テクニカル分析は日足ベースで作られたものですので、
    基本的にはテクニカル分析は、大きな時間足になればなる程有効になってきます。
    4時間足もかなり有効に働くことが多いですよね。
    4時間足でトレードされるなら、日足や週足の方向を移動平均線で見ておいて、
    あとは、4時間足で同調した方向にのみエントリーしていって、
    あとは各時間足の主要な移動平均線と高値安値を気にしながらエントリー
    決済していくと、上手くいくことが多いです。

    ロット数は、僕は固定させずにその時の相場によって枚数を変化させてトレードしてます。
    あくまでも一回のトレードに対して何%の損切りかを決めてトレードし、
    そのパーセンテージに合わせて、枚数を変化させてます。
    通貨ペアやボラによって損切りまでの値幅は当然変わってきますし、
    枚数を固定させると、一回のトレードで大きな損失を被ってしまう危険性もありますので、
    損切りまでの値幅に合わせて枚数を変化させてトレードしています。

    ですので、僕でしたら資金が15万円で、2、3通貨ペアでのトレードでしたら、
    一回の損切りを1%ないしは2%程度にするようにします。
    15万円の1%ないしは2%は1500円ないしは3000円になりますので、
    概ね1回のトレードでの損失を1500円から3000円くらいになるように、
    その都度枚数を変えてトレードするようにします。

    仮に2000通貨固定でトレードすると、
    リーマンショック時のような非常にボラが大きい時なんかに遭遇すると、
    一回のトレードで資金の数10%失う危険性もあるので、
    避けた方が良いように思います。
    か、あるいは固定させる場合は、
    損切りまでの値幅が〇〇pips以上ある時はエントリーしないというルールを設ければ、
    大きな損失を一回のトレードで失うリスクは避けるということもできます。

    あと、練習を目的とする場合は、
    デモトレード、あるいは100通貨くらいから始めても良いのかなと思います。
    国内業者ですと、SBIが可能で、それ以外は海外口座でしたら小さな枚数でも
    トレードできます。
    ただ住民票が海外でしたら国内口座は使えないので、海外口座で
    非常に小さな枚数で練習した方が良いと思います。
    枚数変化させてトレードする場合にも、最低ロット数が低い業者の方が、
    使いやすいです。

    またいつでもコメント下さい!

  7. 政彦 より:

    なつきさん

    凄く細かくコメント頂きましてありがとうございます。ロットに関するお答え非常に参考になりました。大変感謝しております。何度も読んで理解を深めトレードに反映させたいと思います。 またコメントさせていただきます。 どうもありがとうございました。 ちなみに私の場合ブローカーは全て日本以外、米国以外のMT4が使えるブローカーです。米国内のブローカーはレバが最大50倍、FIFOルール、両建不可など制約が多いです。 (実際レバは20倍以上使うことはまずありませんし、両建てもしませんが、 使用中の口座のレバは200倍、縛りもないブローカーでして、そちらのほうが万が一のとき落ち着いていられるので使いやすいです)

  8. なつき より:

    米国内のブローカーは制約多いんですね。。
    ブローカー選びで大きく成績が異なってきたりすることもありますので、
    少しでも自分に合ったブローカーを選んでいきたいですね。
    いえいえ、またいつでもコメント下さい!

  9. 政彦 より:

    なつきさん

    度たびメールさせて頂いております政彦です。先週末初めてなつきさんのブログと動画を拝見し、さっそく目線をシンプルにして4時間で追っていますが、昨日からすでに97ピップス取れました。(ユーロポンド12.8ピップス、ポンドドル39.7ピップス、ユーロ円39.3ピップスです) やはりゆったりした目線でやっていくのが自分に合っているようです。 
    メルマガ登録しましたが早速受信しました。 どうもありがとうございます!

    ちなみにポンドドルは7月の安値に当たって一度大きく上に跳ねるのではないかと思って警戒し見てるだけでしたが、あっさり安値更新しましたね。 なつきさんのいうことを聞いてショートしていたらよかったです。残念でした (笑)

  10. 政彦 より:

    3トレードのトータルは91.8ピップスでした

  11. なつき より:

    おお!91.8pips獲得、おめでとうございます!
    ゆったりした目線の方が、落ち着いて相場を見ることができますし、
    ミスしたり感情的になったりすることも少なくなりますので、
    結果的に成績が向上するということは良くありますよね!

    メルマガ登録ありがとうございます!
    今後も色々なことを発信していけたらと思ってます。

    ポンドドル、安値反発することなく、するすると抜けていきましたね。
    どうやら安値ブレイクはヘッジファンドが狙っていたという噂もあるようです。
    今週の雇用統計で、また流れが変わるかもしれませんので、注目です!

  12. 政彦 より:

    なつきさん 

    いつもコメントするとすぐにフォローしてくださり感謝です。 
    ぼくが90ピップス取った日はなつきさんはデイトレとスウィングのトータルで
    400ピップスとか凄いことになってましたね。
    上には上が、それも恐ろしく凄い人がいるもんですね。僕も頑張ります。 

    4時間足でスイングをやられているときは指標発表とか
    どうするのですか。 大きな発表前に利が乗っているときは発表前に
    決済するのですよね。 

  13. なつき より:

    いえいえ、こちらこそいつもコメント頂きありがとうございます!
    スイングは20通貨ペアくらい見てるので、合計すると取れた時は大きく取れてるように見えますが、
    負ける時は数100pips負けたりしてますよ~
    僕は雇用統計前はほぼ全てポジション決済します。
    思わぬ損失を避ける為です。

  14. 政彦 より:

    こちらこそ、コミュニケーションができてうれしいです。 雇用統計前の件
    ありがとうございます!

    さきほどまで昼寝してましたが、起きてマーケットをチェックしたら
    ポンド系が凄く下げてますね。 今朝方50ピップス弱取れて
    喜んでいたんですが、それからポンドドルだけでも凄く大きく下げて
    いますね。 ユーロポンドも買ってもいいなと思ってみてましたが
    何もせずに寝てしまいました。(笑) 4時間足を見ながらのトレードは
    いい感じなので焦らずゆっくりやってきます。

    ところで20通貨も見らえていたら何画面くらいでやられているのでしょうか。
    僕は先日奮発して6画面のシステムにしました。 1画面に1通貨を4つの時間軸くらい出しながら見ていますが、どうやって20画面もモニターできるのですか? それも
    各通貨4時間足だけっていうわけではないでしょうに。。。時間軸を変えながら見られているのでしょうが。。。ものぐさな僕にはできそうにないです。(笑)

  15. なつき より:

    ポンドやばいですね~
    こういうことがあるからFXは楽しい(笑)
    50pips獲得おめでとうございます~

    モニターは1つだけですよ。
    スイングは4時間足、日足中心でのトレードですので、
    まず4時間足チャートを10通貨ペアでワンセットとして、2セットに分けてます。
    MT4のチャートの「組表示」が2組あるということです。
    そして4時間足ベースでエントリーサインがある通貨ペアだけ絞りだして、
    エントリーチャンスがある通貨ペアを見つけたら、日足、週足チェックして、
    エントリーするか取捨選択するといった流れです。
    ですので、流れとしては、
    1、4時間足チャートでエントリーチャンスがあるかどうかをざっと20通貨分見る。
    2、エントリーチャンスがある通貨ペアがあれば、その通貨だけ日足、週足と見ていく。
    3、それでもエントリー可能ならエントリー。
    といった流れです。
    僕は終値ベースでエントリーしてますので、4時間足でのトレードですと、最低でも4時間に1回チェックすれば良いので、
    モニターは1つで十分なんです。
    ノートパソコンでも十分トレードできてる感じです。
    ちなみにデイトレはほぼドル円のみですので、
    スイングのかたわら、ドル円チャートのみ表示させてトレードしております。