自由を手に入れる為には

こんにちは、なつきです。

約5ヵ月ぶりの更新となりました(^^;

色々と忙しくしており、更新できておりませんでした。
しまいには、ドメインの更新すら忘れており、
サイトが一時閉じてしまっていた時期もあり、
数名の方からご報告を頂いて、初めて気づいたという有様でした。。

ご連絡頂いた方はありがとうございますm(_ _)m

さて、タイに移住して約10ヵ月が経ちました。

ちょくちょく日本に帰国もしていたので、
あまり、移住した!って感じでは無かったですが、
やはりタイに住んでいるということで、
色々な出会いもありましたし、
色々と考えさせられることも多くありました。

投資に関しても、少し考え方が変わったり、
新たなことをスタートしたりと、
良い意味で変化があったのではないかと
今から振り返ると思います。

そのせいもあってか、サイト更新を全くしておらずというような状態になってしまっていました汗

にも関わらず、実はその間も多くの方からご連絡等は頂いており、
そして実際にタイや日本でお会いしたり等もさせて頂き、
色々なお話を聞かせて頂いたりもしました。

サイトの運営の目的は、やはり人との出会いでしたので、
サイトは続けていて良かったなと思いました。

またご質問等も多く頂いており、
その都度回答の方もさせて頂いてはおりましたが、
ご質問を受けることで、僕自身も色々と考えさせられるきっかけになったこともあったので、
それに関して暫く考えていたりなんかもしました。

今回はよく頂くご質問に関して、
僕なりに考えた結果を書いてみようと思います。

まずよく頂くご質問としては、
「投資やFX等でお金を稼いで自由な生活をしたいです。」
「なつきさんのように自由な生活を送る為にはどうしたらいいですか。」

といったものです。

こういった内容のご質問は非常に多く頂きます。

通常こういったご質問の回答としては、
「頑張ってFXで勝てるように学習をしましょう」
「お金を稼げれる技術やスキルを磨きましょう」
「不労所得が得られるように資産を持つようにしましょう」
等が一般的なものなのかなと思いますし、
僕自身もそうかなとなんとなく思っていました。

そして現に僕自身も、自由を得る為にFXの学習を死に物狂いでしてきた過去がありますし
FXに限らずとも、資産運用だったり、
自分で稼げれる力を身に付けることが、自由への道だと思っていました。

しかし、タイに来てからは考え方が変わりました。

これは特に最近思うことなのですが、
そもそも人間は元々自由なのではないか、
特に日本で生まれたなら、
憲法やら自由経済やらで色々と自由が保障されていますし、
どこかの国みたいに言論統制や強制労働させられるといったことは基本的にはありません。

義務教育の中学校を卒業すれば、
本来はその後は、何をしても自由なのです。

しかしながら、多くの人は、周りの人や両親等の圧力、
あるいは世間体、先入観等から、
高校に行き、大学に行き、そして皆と同じように就職活動をし、
ある程度年齢がいけば、婚活をし、
結婚をしたら妊活をし、そしてあとは家族の為に生きていかなければいけない
という人生を送ります。

別にこれは国から強制されているわけでも何でもなく、
周りがそうしているから、自分も同じようにそうしなきゃと思い込み、
そして自分で自分の自由を奪い、生きていっているように思います。

もし、これが本当に自分が望んでいる通りの道ならいいのですが、
周りがそうしているから、同じような道を進めば、
きっとそれは正しい道なんだろう、
きっとそれが幸せというものなのだろう、
皆と同じなら将来の不安も無く、安心して生活していけるだろう
と、いわば自力で考えることすらもできなくなり、
思考停止状態で、動く歩道に乗っているような感覚で、
人生を進んでいく人が多いのではないかと思います。

そして動く歩道は、自力で歩かなくとも勝手に前に進んでくれますが、
途中で外に出ることはできませんし、
後ろに戻ることもできません。

前後の人と同じように同じ方向へ、前に進むしかありません。

確かに楽で安心して前へ進めますが、
外から見ると自由とは思えませんし、
そして当の本人も自由だと感じることができないでしょう。

タイに来て思うのは、
本当に自分の好きなように生きている人が多いということです。

これは日本人でも、タイ人でも欧米人でも同様に居ます。

最低限自分の必要なお金を稼ぎ、
あとは空いている時間は自分の好きなことに費やす、
お金を稼ぐのも、自分の好きな仕事(もはやそれを仕事と言えるか不明)しかしない、
できるだけ楽しく稼ぐ、一緒に居て楽しい仲間とだけ仕事をする、
そして後は、自分の価値観を信じて
自分の好きなことをして生活している人が結構多いです。

確かにお金が少ない人も多いです。
でも、日本の通勤ラッシュに乗って毎朝満員電車に乗って
通勤しているサラリーマンよりはるかに楽しそうに暮らしています。

僕はここでどっちの人生が良いかとか、
日本でサラリーマンなんてやってないで、海外で自由に生きるべきだ
なんて言うつもりは一切ありません。

それぞれ事情があるでしょうし、
色々と抱えているものもあるでしょう。

しかし、「自由」というのは、
決してお金で得られるものではないということです。

もっと言えば、お金が無くても、「自由」は得られるものです。

さらに言うと、本来人間は「自由」なのです。

元々自由な状態なのにも関わらず、
周りの目や世間体や、あるいはそれによる思考停止状態によって、
自分で自由を奪ってしまっているだけなのです。

長期休暇になれば、皆がどこかへ出掛けてるから、
自分も出かけなきゃいけないと思い、
オンシーズンにわざわざ高い料金をかけて出かけ、
体力を消耗し、
車や家等も、皆が買ってるから自分も買わないと一人前と思われないという
よく分からない固定観念でローンを組んで買って、
そしてますます会社を簡単には辞められなくなり、
どんどんと自分の自由を自らの手で奪っていってしまいます。

本当に自分が欲しいと思うものだけを購入するようにすれば、
お金も貯まり、会社が嫌になれば、
自由に辞めても問題無い状態になりますので、
過労死なんてしなくてもよくなります。

嫌なことがあったから会社を辞めると聞くと、
社会人として不適合だと思われるので、
辞めない人が多そうですが、
これもよく分からない固定観念であって、
周りの目なのか、同僚の目なのかよく分からない評価を気にして、
多くの人は我慢して働き続けるわけです。

会社が嫌ならとっと辞めて、
他の会社に移るという人間としてごくごく当たり前の行動も
できなくなってしまっているのです。

本来、職業選択の自由は憲法で保障されているにも関わらず、
なぜか死ぬまで働いてしまう人が数多く居ます。

どこかの独裁国家のように強制労働させられているならまだしも、
憲法で保障されていても、自分で自由を奪い、
そして過労死するまで働いてしまいます。

日本に住んでいるとこれに対して違和感が無かったのですが(恐ろしい)、
海外に住んで改めて日本の状態を見ると、
やはり異常に見えてしまいます。

そしてさらに将来という雲を掴むようなよく分からないことの為に、
皆せっせと税金を払い、
自分の好きなことも我慢して貯金をし、
さらには財務省に洗脳までされて、消費税増税に賛成し、
暴動も起こさず、素直に生きていく人がほとんどです。

日本では国民一人当たり800万円の借金がある等というバカげたことを
いまだに公共の放送で堂々と流してますし、
それを信用して増税も仕方無い等と、
自分の生活が苦しくなっても何も文句言わず生活している人がほとんどです。

これはまだオレオレ詐欺の方が可愛い。

そして貯金は美徳だという江戸時代の考え方をいまだに引き継ぎ、
せっせと銀行様の為に銀行にお金をたくさん貯蓄しているという構図が出来上がっています。

そして銀行は日銀にお金を預け、
日銀はそのお金で大量の国債を買いまくって、
そして、日本は借金まみれだー等と言っているのです。

そしてそれを信用して、ますます皆は増税に賛成し、
銀行にせっせとお金を預け、銀行が儲け、
日銀もまた国債を購入していくのです。

日本の財政問題だ、少子高齢化だ、社会保障費がどうだと騒いでいますが、
現在日本の個人の預貯金は合計1800兆もあります。

1800兆ですよ。

日本の国家予算は97兆円くらいです。

皆がよく分からない将来とかそういったことに怯えずに、
ぱーっと使ってしまえば、
1800兆円が市中に回り、
全てが解決してしまいます。

日銀は国債が買えなくなり、税収も増えるので、
借金は一気に減ります。

実はタイではリーマンショック時に一番立ち直りが早かったそうです。

それは、タイ人は将来とかあまり深く考えずに、
それよりもいかに今この瞬間を楽しむかに重点を置いており、
お金をすぐに使ってしまう性格の人が多いからとも言われています。

なので、過度に景気が悪くならないのです。

それに比べ、日本では、すぐに財布の紐がきつくなり、
それによって企業の売上は落ち、
事業縮小、内定取り消し、派遣切り等が起き、
過度に景気が悪くなっていきました。

と、色々と日本の現状を書いてきましたが、
くどいようですが、本来人間というのは自由なのです。

それを周りだったり世間体だったり、
あるいはよく分からない将来というものの為に、
自分で自由を奪い、
そして自分の身体を強制労働させていっているだけなのです。

ぶっちゃけお金なんてどうとでもなります。

シングルマザーで子供3人連れて、
英語もタイ語も話せない状態でタイに来た人を知っていますが、
それでも十分に楽しく暮らしています。

その人が言うには、むしろ何で今まで日本で消耗してたんだろう?
ってことでした。

日本では離婚したことで、色々と周りの目を気にしたり、
子育ても苦労してきたようです。

タイに来ても貯金できるような給料では無いようですが、
逆に周りとか一切気にせず、
子供たちと自由きままに暮らしているようです。

例えば彼女はベビーシッターを雇っているのですが(タイではかなり安い)
そのお陰で仕事にも安心して行けるし、
帰ってきても、掃除も洗濯も料理も終わってるので、
あとは子供たちと遊んで過ごすだけとのことです。

シングルマザーで子供3人も居れば、
家事から育児から仕事から全部自分でやらなくちゃいけない印象がありますが、
そうではなく、ベビーシッターに預けて、
自分は仕事に集中して、休む時はしっかりと休むことで
子供3人居ながらも、楽しく過ごせているのです。

日本でベビーシッターを雇うと、
子供は親の手で育てるべきだとか、
子供には親が作った料理を食べさせるべきだとかいまだに言われ、
仕事も子供に何かあればすぐに帰れるような仕事を見つけるしか無く、
それによって収入も減り、その後家事、育児もして、となって、
一体何の為に子供を産んだんだろうという考えになり、
とんでもないことになってしまうこともしばしなあります。

これも周りの目とか意見とかそういったもので、
自分で自由を奪い、酷使していくパターンです。

いくらお金があっても、不自由な人はいつまでたっても不自由ですし、
自由な人はお金が無くても自由に生きていけます。

自由か自由じゃないかは、考え方次第なのです。

ですので、
「自由に生きていく為にはどうしたらいいですか」
「お金をたくさん稼げれるようになって自由な生活を送りたいです」
といったことを考えている方には、こんな言葉を贈ります。

「あなたはもう既に自由ですよ」

そしてそのあとは自分自身の中で、自分は自由で何をしてもいいんだと言い聞かせ、
そして自分が今一番したいことを、とにかく今すぐに行動に移すことです。

そこで、もし失敗したらどうしよう、
周りからはどう思われるだろう、
もうちょっとお金を貯めてから…
今はちょっと時間ないからもうちょっと準備してから…

等と一切思わないことです。

こういったことを頭によぎればよぎる程、あなたは不自由になっていきます。

今したいと思ったことを、今すぐその場でしてしまいましょう!

という生き方を、僕はタイに住み始めて学ばせて頂いたように思います。

そしてやっぱりその方が楽しいですね。

自分はFXや投資等していますが、
お金なんて無くても楽しく生きていけると分かっているので、
不安無く運用していけています。

もし将来がどうとか、もし損を出したらどうしよう…
なんて考えながら投資をしていたら、
楽しくもなんともないですし、
投資自体が嫌いになりそうです。

楽しいからこそ、より投資を続けていけますし、
その結果、良い結果にも結びついていきます。

ということで、今回は、「自由」について書いてみました。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. tsujiitaka より:

    更新ありがとうございます。
    素晴らしいお話だと思います。。

  2. なつき より:

    読んで頂いてありがとうございます!
    これからも、また記事更新していきたいと思います。