ロバート・キヨサキのセミナー

こんにちは、なつきです。

先月のことになりますが、
あの有名な「金持ち父さん・貧乏父さん」の著者である、
ロバート・キヨサキ氏のセミナーに行ってきました。


「金持ち父さん・貧乏父さん」の本との出会いは二十歳の時なのですが、
やはりこの本をきっかけにして、お金に対する考え方、
そして生き方等も大きく変わったと言っても過言ではありませんでした。

そんなロバート・キヨサキ氏のセミナーが都内で開催されるとのことで、
参加させて頂きました。

セミナーに登壇された方は、
ロバート・キヨサキ氏以外にも何人かいらっしゃって、
その中には、僕が最も尊敬している、
ウォーレンバフェット氏の親族である、メアリーバフェット氏も
登壇されていました。

メアリーバフェット氏がいらっしゃることは予想外だったのですが、
話が聞けて良かったです。

今回のセミナーの詳細には触れませんが、
それぞれ登壇するに至った経緯は違いますが、
やはり登壇されている方全員に共通していることが、
「情熱」だと感じました。

何か特別なことをしたとか、
特別な能力があるから成功したというよりも、
純粋にお金持ちになりたい、
経済的自由を手に入れたいと、
純粋に思って努力してきた方達ばかりなんだろうなと感じました。

もしかしたら、この「お金持ちになりたい」という表現に対して、
悪いイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、やはりお金というのは、
自分だけではなく、家族や周りも幸せにできるパワーを持っていますし、
また稼げば稼ぐ程、それだけ多くの税金を払うことになりますので、
国にも貢献していることにもなります。

また事業をしているなら、雇用を生み出すことにも貢献していることになりますし、
より自社のサービスを社会に広げ、
それだけ社会をより豊かにしていることにも繋がっています。

このように考えると、
純粋に「お金持ちになりたい」という情熱はむしろ正しいのではないかと思います。

逆に、この情熱があるからこそ、少々辛いことがあっても、
乗り越えられるのだと思います。

で、僕自身もFXの勉強をがむしゃらにしていた時は、
やはり純粋に「金持ちになりたい」が一番の原動力でした。

それを誰かに公言していたわけではありませんが、
今から振り返ると、やはりあのがむしゃらに勉強できたのは、
この情熱があったからこそだと、今回のセミナーで振り返ることができました。

そしてその情熱は人に伝わり、
さらに人を集め、感動させることができるということですね。

今回のセミナーは登壇者がテンションの高い方ばかりで、
やはりそのテンションに引きつられて、
セミナーの視聴者のテンションも上がっていたのではないかと思います。

そしてやはりその情熱に引きつられ、
各登壇者の声に耳を傾け、
そしてファンになっていくというような図式を、
多くの場面で見ることができました。

もちろんこれはセミナー側の戦略的な部分もあるかとは思いますが、
今回のセミナーでは、やはり僕の中では、
この「情熱」というものを非常に感じることができました。

そして、今後の世の中、
AIやら色々と便利なものが増えてきて、
どんどんと職が失われていくようなことが囁かれていますが、
生き残っていける人というのは、
やはり「情熱」を持った人がより生き残っていきやすい、
あるいは生き残りやすい世の中になっていくのではないかと感じました。

AIは人間より頭も良く、
そしてよりどんどんと効率良く作業をこなしていけるようになるでしょう。

しかし、「情熱」というのはAIには持てない分野ではないかと思います。

図式としてはある誰かが大きな夢を持っていて、
そしてそれを叶える為に、多くの人が集まり、
そしてAIに指示を出していくという構図が、
より今後増えていくように思います。

しかしながら、世の中上手くできていて、
この「情熱」があまり無い人が、実は世の中の大半であり、
強い「情熱」を持った人というのはやはり少数派だということです。

その証拠に、
1、「あなたは夢を持っていますか?」

2、「その夢の実現に対して具体的に行動していますか?」

恐らく、1の質問に対しては、なんとなく持っている人が多く居て、
そして2の質問で、多くの人が振り落とされるのではないかと思います。

やはり「情熱」を持っている人というのは、
自分の夢実現の為に、現在進行形で必死に努力している人です。

もちろん、人それぞれ生き方がありますので、
ここで皆さん夢を持ちましょう!
そしてそれに対して情熱を持って取り組みましょう!
なんて言うつもりはさらさらありませんが、
やはり社会の構図としては、
「情熱」を持った人に多くの人が集まり、
そして夢が実現されていくという図は、
今後益々広がっていくように思います。

例えば、クラウドファンディング【DISCOVER】等のようなものを使えば、
お金が無くても、情熱が伝われば、実現可能になったりもします。

そしてこういったサービスというのはどんどんと広がっていくでしょう。

このように、これからの世の中は、
いかに情熱を持つか、
いかに自分の夢を真剣に考えられるかで、
自分が望むような人生を歩めるかが決まってくるようになるでしょう。

少し前までの時代では、まずお金をとにかく稼ぎ、
そして自分の好きなことをする、という流れでしたが、
今は、お金が無くても、情熱さえあれば、
実現可能な世の中になっています。

逆にお金を持っているということにあまり価値が無くなってきています。

いくらお金があっても、何か情熱が無かったり、
夢が無ければ、お金の使い道が無く、
お金を持っていないこととある意味同じになってしまいます。

ですので、これからの世の中は、
とにかく情熱を持った者が世の中を動かしていく、
このようなことを、今回のロバート・キヨサキ氏のセミナーに参加して気づきました。

最後に、ロバート・キヨサキ氏のボードとの写真(汗)
本物と一緒に写真撮るには、大量のお金が必要なのです…。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク