あなたにとって「お金」とは何?

明けましておめでとうございます!
今年もどうぞ当ブログを何卒宜しくお願いします!

…というか昨年の9月から更新してなかったので、誰も見てないかもしれませんね。。

誰も見てなさそうな状態の中ですので、
あえて今回は「お金」について書いてみたいと思います。

「お金」と聞くと、どのようなイメージを持つでしょうか。

・生活に必要なもの?
・生きていく為に必要なもの?
・食べる為に必要なもの?
・自分の力を誇示する為のもの?
・いざという時の為にあれば安心するもの?

色々なイメージがあるかと思いますが、
では、
「お金の為に行動をする」
と聞くと、どのようなイメージを持つでしょうか?

・何か悪いことをしている?
・相手のことよりも自分の欲優先?
・守銭奴?

等、なんとなく悪いイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

・お金の為に働く
・お金の為にビジネスを始める
・お金の為に努力する

やはり悪いイメージになりますかね…。

それでは、「お金」というものは、
悪いものなのでしょうか?
不要なものなのでしょうか?
役に立たないものなのでしょうか?

「お金」では買えないものがある
「お金」があれば何でもできるわけではない

という言葉がありますが、

「お金」があれば、食べる物を買うことができ、
住む部屋を借りたり買ったりすることができ、
服を買うこともでき、
また病気の時は病院に行くこともできるようになります。

さらには、家族を養ったり、
あるいは困っている人を助けることもできます。

結婚をするにも、子供を育てるにもお金が無いと何もできません。

確かに「お金」があれば何でも買えるわけではないですけど、
生きていく上では、かなりの助けにはなります。

「お金」というものは、不要なもの、役に立たないもの、
汚いものどころか、生きていく上で相当必要なものであると言えます。

しかしながら、世間では、お金の為に働く、
お金の為に行動をする、と聞くと、
途端に悪いイメージを持つ人が多いです。

FXや投資をしていると、
お金の為だけにしている行為で、
世の中の役に立っていないと言う人が居ます。

しかしながら、FXや投資でお金を稼げば、
食べ物が買えますし、
家族も養えますし、
さらには周りの困っている人を助けることもできます。

僕自身タイに住み始め、
そして特に貧困の地域へ行ったり、
あるいはストリートチルドレンを見たりしていると、
綺麗ごとなんて言ってられず、
いかにお金が大切か、
お金を稼ぐ為なら手段を選ばないという考え方は、
非常に共感できたりします。

お金が無いと、餓死するしかありませんから。

日本に住んでいると中々実感できないかもしれませんが、
お金が無ければ、本当に食べる物を買えず、
そして病院に行くことすらできません。

タイではお金が無くて病院に行くことを諦める人は、
案外多いです。

自分も日本に住んでた時は、
お金の為に稼ぐとか、
お金の為に働くというのは、
漠然と何か悪いイメージがあったのですが、
タイに身を置くと、
いかにお金をたくさん稼ぐか
というのは非常に大切なことだという考えになってきました。

お金の為に働く、
お金の為にビジネスをするのは悪いことだ
と考えるのは、
お金に余裕があるから言えることではないでしょうか。

お金に本当に余裕が無ければ、
そんなことは言ってられなくなります。

明日食べるものもない、
病院に行くこともできない、
そんな状態でも、お金の為に働くことは悪いことだと言えるでしょうか?

もちろん色々な考え方があるので、
何が正解とか間違っているとかはありませんが、
僕自身は、お金の為の稼ぐ、
お金の為にビジネスをするというのは、
素晴らしいことだと思います。

自分がお金をたくさん稼ぐことができれば、
あるいはたくさんお金が稼げるビジネスをすることができれば、
それだけたくさんの税金を納め、
そしてその税金が経済的弱者に分配され、
困っている人を助けることに繋がります。

また会社を大きくしていけば、
それだけ雇用を生むことになり、
売り手市場になり、賃金の上昇に繋がり、
より雇用の流動性が増え、
その結果より従業員にとって働きやすい環境になっていくことに
繋がります。

そして会社がたくさんの税金を払うことで、
国を支えることにも繋がっていきます。

売り上げの為に働く、
売り上げを拡大する為に必死になる、
このように聞くと悪いイメージを持つ人も多いでしょうが、
これは実は世の為、人の為になっているのではないでしょうか。

お金の為に働くと聞くと、
目先の人ではなく、
遠い人の役に立っていることに気づけず、
それによって否定的なイメージを持っているだけなのではないでしょうか。

そしてそれによって、仕事をしている理由を聞くと、
お金の為ではなく、
お客様の為、社会をよりよくする為という回答が
なんとなく人間の血が通ったような回答に見えることが多くなり、
そして実際にそのように回答する人が多いように思います。

本来冷静になって考えてみると、
お金の為に稼ぐ、
お金の為に行動をする、
売り上げの為に働く、
売り上げの為に一生懸命頑張る
というのは、それだけでも世の為人の為になっているのです。

ですので、このように考えると、
お金の為に稼ぐ!
というのは、それだけでも社会に貢献し、
人の役に立っていることなのです。

世の中、お金を否定する人が多いですが、
もちろん色々な考え方があっていいとは思うのですが、
「お金」というものは、本来生きていく為に非常に役に立つものであり、
さらに困っている人を助け、
多くの人の役に立つことができるものです。

タイや中国なんかでは、
堂々とお金の為に稼ぐ、
お金持ちは偉い、
たくさん稼いだもの勝ち、
という言葉が違和感なく話されます。

日本でこんなこと言うと、守銭奴だと思われて、
特に有名人だと叩かれてしまいます。

たくさんお金を稼いで、そして周りの人の為にたくさんお金を使う!

これをすることで、たくさんの困っている人を助けることができ、
そして景気自体も良くなっていきます。

ところが日本では、お金の為に働くのは良くない、
何か別の目的を持って働くべきだ、
たくさんお金を稼いでも、将来の為に貯金をしておくべきだ、
等と、なぜか景気が悪くなるようなことばかりが推奨されています。

FXや投資をしていると、通常のビジネスとは違い、
お客様や取引先がいるわけではないので、
感謝されたり、喜ばれたりすることがほぼありません。

ですので、どうしても、「お金」の為だけにトレードや投資をしているという感覚になり、
そして自分は社会の役に立っていないのではないか、
「お金」を稼ぐ為だけに毎日たくさんの時間を費やしている生活を送り、
本当にこのままでいいのだろうかと考えてしまう時期がどうしてもあります。

しかしながら、お客様や取引先が居なくても、
目先で喜んでくれる人が居なくても、
「お金」を稼ぐこと自体が、
周りの役に立ち、
そして税金をしっかりと払うことで、
しっかりと社会の役に立っていると言えます。

僕自身もそうだったのですが、
ついFXでお金をたくさん稼いでしまうと、
本当にこれでいいのだろうか、
何かバチが当たるんじゃないか等と考えてしまうこともあったのですが、
やはりお金で自分自身だけではなく、
家族や周りの人を助けたり、幸せにできたりすることが多くありますので、
やはりお金をたくさん稼ぐことは悪いことではない、
むしろ素晴らしいことだと感じるようになりました。

そして今年は、堂々と、遠慮なく、
「お金」を稼ぐ為に思いっきり頑張ろう!
「お金」をたくさん稼ぎまくって、
そして周りの人や困っている人の為にたくさん使おう!
と決めました。

「お金」は悪いものでもなく、汚いものでもありません。

「お金」は素晴らしいものです!
「お金」の為に働くことは最高!
「お金」をたくさん稼ぐことは最高!!
そしてさらに自分が稼いだお金を周りの人の為に使う、
困っている人の為に使えば、さらに最高!!
なのではないでしょうか。

批判くるかな…。

さて、あなたにとって「お金」とは何でしょうか?

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. 金子和正 より:

    なつきさんのお金を稼ぐことへの罪悪感の話はいつも感じることでした。日本人の儒教的な教えの中で植え付けられたものなのかもしれません。私もFXでお金を稼ぐことをもっと肯定的とらえしっかり稼ぎたいと思います。

  2. なつき より:

    お金を稼ぐことの罪悪感は、江戸時代の徳川家康の時代から受け付けられているのかもしれません。
    お金を稼ぐこと、そしてたくさん使うことは、理論的に考えて、自分にとっても周りにとっても良いことですね!