加計学園問題「総理の意向」

こんにちは、Natsukiです。

今回はニュースに関してです。

加計学園問題

今国会で話題の加計学園問題ですが、
個人的には、もっと話し合うことがあるだろうと思って見ているのですが、
野党(民進党、共産党中心)は、
安部政権の支持率を下げる為の印象操作で躍起になっている姿が、
益々彼らの支持率を下げる結果になっているのが余計に痛々しいですね。。

証拠物出版

さてそんな加計学園問題ですが、
何と「総理の意向」の全文文章が発売されることになりました。。

こういうのは発売するものなのかどうかという疑問もありますが、
日本の政治は大丈夫なんでしょうか。。
自民党は怪文書として答弁していますが、
仮にこれが事実だとしても、
元々首相を議長とした国家戦略特区の一環で行われていることですので、
何ら違法性も無く、不自然なことでも無いように思います。

今必要なこと

世界では、国交断絶が起きたり、総選挙が行われようとしたり、
日本でもミサイルを打ち込まれそうになっていたりと大変な時期に、
このようなことで騒いでいていいのでしょうか。
これから憲法改正に向けて話し合われていく時期で、
このようなニュース等に惑わされないようにしないといけません。

まとめ

トレーダー、投資家はニュースを見ること、
情報を得ることは非常に重要ですが、
現代社会では情報化社会であり、
情報が溢れている時代です。
このような時は、特に情報を使ってトレード、
投資をする僕達は、いかに情報の取捨選択ができるかが非常に重要になってきます。
情報に惑わされるのではなく、
情報を上手く選別して資金を増やしていきたいものです。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク