BPSとは

こんにちは、Natsukiです。
今回はBPSについて書いてみます。

BPSも会社四季報等でよく登場してくる言葉ですが、
一体どういった指標なのでしょうか。

BPSとは

BPSは日本語にすると、1株当たり純資産になります。
似た言葉でEPSがありますが、これは一株あたり利益になります。
今回は資産が指標となりますので、資産に目を向けた指標になります。

計算式

先に計算式を載せておきます。

BPS=純資産÷発行済み株式数

です。

会社が解散する際の例

このBPSですが、会社が解散する時のことをイメージすると分かりやすいです。

ある会社が現金や預金、不動産、工場等を持っており、
全ての資産の合計金額が5000万円だったとします。

しかし、会社が解散する時は、負債も返済しなければいけません。
負債の合計額が3000万円ありました。

そうすると、純資産=資産?負債
ですので、
純資産は5000万-3000万円で、
2000万円となります。

この時の発行株式数が200株だった時に、
1株だけ、この会社の株を持っていたとします。

会社が解散する時、いくらお金を請求することができるかと考えた場合、
この会社の200分の1の資産を持っていることになりますので、
2000万円を200で割ると、10万円になります。

ですので、この会社が解散する時に、
1株持っていれば、10万円を請求することができるのです。

このように考えると、
純資産は大きく、発行株式数は少ない方が、
解散する時に、自分の取り分は多くなりますね。

そうすると上記の計算式から考えると、
BPSの数字は大きければ大きい程、
自分が所有している株の価値が上がることになります。

株価を考慮する

さてここで株価も絡ませて考えてみましょう。

BPSが100円だった場合、解散時に1株100円貰える権利があることになります。

しかし株価は現在200円でした。

この時にこの会社の株を買うのは賢明でしょうか。

1株200円出して買った株の会社が解散することになったら、
1株100円しか貰うことができません。

これは賢明な投資では無いと言えます。

ですので、この会社の株を買う場合は、
少なくとも、1株100円未満にならないと、買う価値が無いと言えます。

まとめ

会社の株を購入する時は、常に最悪の状態を想定し、
解散した時に、どれだけ自分の手元に返ってくるのかを考えながら、
投資先を検討すると損失を減らすことができるようになります。
今回のBPSはまさにその観点を利用した指標の一つになります。

シェアする

フォローする